英検準1級(1次)私が行った具体的な対策

シェアする

語彙の対策

まず,英検の場合,何よりも取り組むべきなのは「語彙」です.勉強すればするほど、すぐに効果が現れるので効率がいいです!私が使った単語帳は、CD付 英検準1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)のみです.

同じ旺文社の「Pass単(英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)」も定番だけど、私は使いませんでした。それでも84%正答したので十分満足できる結果です。もちろん、Pass単も覚えたらほぼ完璧でしょう。両者はダブってる単語が多いけど,ダブってない単語も結構あるので,両方やるのが理想でしょうね.

どっちが出やすいかは正直分かりません.私が受けた2010年当時は「Pass単」よりも「文単(当時はプラ単)」の方が出やすいという噂がネット上で流れてました.

当時,無料のオンライン語彙力試験があったんですが(現在は閉鎖),それを受けたら受験直前で推定語彙8000語でした.準1級の出題範囲が語彙7500程度なので,語彙力8000くらいで語彙セクションの正答率84%というのはかなり正確だったかもしれません.

長文読解の対策

読解は結構得意な方だったので,特に対策はしませんでした.過去問を英検のホームページからダウンロードして数問解いた程度です.正答することがほとんどだったので,特に対策はしませんでしたが,本番では思ってたより間違いが多かったので驚きました.

本番の問題は過去問より易しく感じたんですけどね.ひっかけ問題だったのかもしれません.

作文の対策

手紙形式なので先ずはその定型を覚える事(すぐ覚えられます).問題も毎回同じような問いかけなので,どう答えればよいかというパターンは覚えておいた方がいいかもしれません.もちろん,テーマは毎回変るので,具体的な内容は試験の際に考える事になりますが.

で,コツはあまり難しい事を考えない事です.出来るだけ中学レベルの単語や文法で完結するような文章を心がけた方がいいですが,これもコツが要ります.事前に過去問で十分訓練しておいた方がいいと思います.変に凝った文章を書くと,文法ミスやスペルミスで減点されます.

あと,作文は思いのほか時間を食います.あまり文章を考えている時間がないので,問題用紙に下書きして後で清書するより,いきなり解答用紙に英文を書いて行った方がいいと思います.

※追記:2016年から英作文の出題方法が変わったようです.このページで書いた内容は2010年受験時の対策なのでご注意ください

リスニングの対策

超苦手なので捨てました.私に語る資格はないです(苦笑).