国家公務員試験にTOEFL試験を導入?

キャリア官僚になるための国家公務員1種試験で,外部の英語検定(TOEIC, 英検など)のスコアを取り入れるらしい.記事はこちら:「国家公務員採用にTOEFL 15年度にも導入へ(朝日新聞)」

てか,これって遅過ぎでしょ?大学入試もそうなんだけど,なんで独自の問題を作成するんだろうねぇ.TOEFLやTOEICのスコアを使ったって全然問題ないと思うんだけど.

大学入試の英語がすべてTOEFLで一本化したら,国外の学生も有利になるから,少子化であえぐ大学経営の有効策になると思うんだけどね.アメリカみたいに,学生のかなりの割合が留学生なんて大学が出て来るかもしれないけど,優秀な学生であれば留学生大歓迎で迎えた方が日本の発展にも寄与すると思うよ.日本人学生にもいい刺激になる.まぁ,不法就労が目的という留学生が現状でも多いらしいが,もちろんそんな学生は論外.

で,話は戻るけど,国家公務員採用試験だけでなく省庁の内部昇進でもTOEFLとかを利用すべしとの声があったけど,現役官僚の抵抗にあって消滅したとか.うーん,恐れ多くも外国の政府高官と接する機会の多い官僚の方々が,そんな意識の低さでいいんでしょうか?通訳を雇えばいいとでも思ってるのかな?

あるいは,権力闘争で地位を確立して来た人たちが,民間の英語検定ごときで地位を奪われてなるものかと反対したのかも?TOEIC事務局に賄賂を送るわけにもいかないから(笑).今どき民間大手では当たり前のように昇進の条件に英語を取り入れている.公務員こそ範を示さないと.範を示すのが有休とか福利厚生だけだったら,国民は納得しないよ.

そもそも,この原案の言い出しっぺが楽天の三木谷社長だと聞いたけど,それが事実だったら面白い.三木谷さん,総務官僚に目をつけられないかい?(笑)