マー君未知の大地へ

さてさて,前回の記事の続きを読もうと思いましたが,新しい記事がYew Nork Timesに出てたので,そちらを読むことにします.ま,相変わらず長い記事なので,中略しますが.

出典はこちら:Tanaka Heads for a Strange Land with a Title in his Sights, Hiroko Tabuchi, Jan.23, 2014

TOKYO — Major league sluggers hit hard. Coaches are careful with pitch counts. And New York has bad weather. That is about all Masahiro Tanaka knows about America and baseball, he joked at a news conference Thursday, a day after he agreed to a seven-year, $155 million deal with the Yankees. He chose the team, he said, because he felt it had given him the “highest evaluation.” “I’m going there to win the World Series,” he said. “I can’t wait to get to the pitcher’s mound at Yankee Stadium.”

「メジャーリーグのスラッガーは強打で,コーチはピッチングカウントに気にする,そして,ニューヨークは天気が悪い.これが,アメリカとその野球について知ってることのすべてだ.田中がヤンキースと7年1億5500万ドルの契約に合意して1日明けた木曜日に開かれた報道カンファレンスにおいて,彼は冗談を言った.彼がヤンキースを選んだのは,彼に最大級の評価をしたからだと語った.「ワールドシリーズで勝利するためにニューヨークに行きます」「ヤンキースタジアムのマウンドに行くのが待ち遠しい」と語った.」

Tanaka, a 25-year-old right-hander, is the biggest hope yet heading to the United States from Japan, a country that has produced a string of stars like Hideo Nomo, Ichiro Suzuki and Hideki Matsui, as well as a few duds. Tanaka’s contract is the biggest given to a Japanese player and is among the largest deals for any pitcher in the majors. Scouts were impressed by Tanaka’s 24-0 record in 2013 and by his split-finger fastball, which they called close to unhittable. Yet before last season, Tanaka often seemed to fall short of glory.

「25歳右投げの田中は最大限に期待されており,野茂英雄,鈴木イチロー,そして松井秀喜のような一連のスター選手に加え,その他のわずかな失敗者たちをも生み出した日本から米国にやってくる.田中の契約は日本人選手に与えられた最高額であり,メジャーの投手に対する最大級の取引の1つである.スカウトたちは田中の24勝0敗という2013年の成績と,彼らが 「打つのが不可能」と称したスプリットフィンガーファーストボールに感銘を受けた.しかし,昨シーズン以前,田中はそれほど多くの栄光に彩られていたわけではないようである.」

He shot to fame in the mid-2000s when he led his high school team to two consecutive summer national championship wins. But in his third year, he lost a nail-biting battle in the final to a pitcher at a prestigious Tokyo school, striking out swinging as the last batter and walking forlornly off the field.

His start in professional baseball, in 2007, was also on the second tier. He joined the Tohoku Rakuten Golden Eagles, then an afterthought of a team that had recently finished at the bottom of the lesser of Japan’s two leagues. A Rookie of the Year award for his 11-7 record that year generated little excitement as the Golden Eagles languished in fourth place. 

語彙

  • shoot to fame : 名声をつかむ
  • nail-biting : じりじりさせられる
  • on the second tier : 2番目の段階としては
  • afterthought : 思い直し,再考

「彼は2000年半ば,彼の高校チームを2年連続夏の全国選手権で勝利に導き,名声を勝ち取った.しかし,3年目に彼は東京の名門高校の投手との最終戦でじりじりさせられた戦いの末敗れた.その試合で彼は最後のバッターとして空振り三振し,みじめな様でフィールドを後にした.」

「2007年の彼のプロ野球のスタートもまた2番手に位置するものであった.彼は東北楽天ゴールデンイーグルス,その当時,日本の2つのリーグのうちの劣る方のリーグで最下位に終わった.その年,11勝7敗で彼が取得した新人賞は少しだけ興奮を呼んだ.なぜなら,ゴールデンイーグルスは4位と低迷していたからである.」

うーん,難しい単語が結構多いなぁ.日本人が書いた記事のようなんだけどね.訳すと矛盾が出てきた.楽天が最下位に終わったと言ってるのに,田中が新人賞を受賞したときは4位に低迷したと言ってる.パリーグは6球団あるから,最下位なら6位になるはずなんだけど・・・・どこか意味の解釈で間違ったのか????どこがダメなんだろう???難しいなぁ.

On Thursday, Tanaka hardly smiled as he began his news conference. “I’m just relieved it’s done,” he said, appearing nervous. He appeared to relax only when a reporter from an American network asked if he had anything to say in English. “I can’t speak English. I’m sorry,” he said in Japanese. “I’ll just have to win trust with my pitching.”

Tanaka brushed off concerns over what some have called his ridiculous pitch counts, which could make him vulnerable to burnout or injury. He has averaged 113.5 pitches per start over the last five seasons, more than any pitcher currently in the majors. Instead, Tanaka said, he was prepared to raise his game to thrive overseas.

“In Japan, a bad pitch might end in a single, but at the majors, that could
be a home run,” he said. “The hitting power is different. And they’re careful with pitch counts over there.” “It’s not like I’ve never played ball before,” he added. “I don’t want to overthink it.”

語彙

  • brush off … : …を一蹴する,撥ね付ける
  • ridiculous : 途方もない
  • vulnerable to … : (影響等)を受けやすい,…に対して弱みがある
  • burnout : 極度の消耗,虚脱
  • raise one’s position : 昇進する

「木曜日に,田中は報道カンファレンスが始まるとほとんど笑わなかった.「終わってちょうどホッとしたところです」と語り,緊張してる面持ちであった.アメリカンネットワークのリポーターから,英語で話せるかどうか尋ねられたとき,リラックスしたように見えた.「自分は英語は喋れません.すみません」と日本語で言った.「自分のピッチングで確実に勝利するだけです」」

「幾人かの人が,極度の消耗と故障の要因となる途方もない投球回数と称したこと関する懸念について田中は一蹴した.彼は最近5シーズンで平均113.5回投げており,現在メジャーリーグにいるどのピッチャーよりも多い.むしろ田中は高みを求め,海外で成功するための準備をしていると言った.」

「「日本では失投はヒットになるが,メジャーではホームランになってしまうだろう.打撃のパワーが違う.なので,彼らメジャーの人たちは投球回数に気を使うのでしょう.」と彼は言った.「今まで野球をプレイしたことがないわけじゃないから」と彼は加えた.「考え過ぎないようにしたい」 」

雰囲気的に分かるけど,詳しく読むとよく分からない表現がたくさんある.まいったなぁ.最後の raise his game は「高みを求める」と意訳したけど,どう考えればいいんだろう.

辞書で調べると,raise one’s status で「昇進する」,raise himself で「身を起こす」という意味になるようです.今回は野球選手なので,目的語に来るのはhis gameになったのかなーと解釈しました.

で,記事はまだまだ続くんですが,長くなったのでこれくらいで今回は終わります(てか,挫折したww)

単語そのものは難解なものはあまりないけど,熟語や言い回しが結構わからないものが多かった.特に今回の記事は難しく感じました.