多くの知人が採択されていた(笑)

採択された助成金だが,過去の採択者リストが公開されていた。見ると,面識のある人の名前がたくさんあった。それも,みんな4,5年前に既に採択されていた(中には10年近く前に採択されてた人も)。彼らの年齢は私とほぼ同じなので,単純に計算すると20代後半から30代前半には採択されていたわけだ。

彼らの実力をよく知ってるので,自分との力量差は自覚しているつもり。だけど改めてこういうデータを見ると,ついつい比較してしまう。自分は随分乗り遅れてしまったなぁという印象。今の実力であと10歳,いや,あと5歳若ければね。人生を大きく変えることが出来たかもしれない。

助成金が採択された喜びもつかの間,ちょっと苦々しい気分になってしまった。浮かれてる場合じゃないぞという天の声かもしれない。どうせ若返ることなど出来ないのだから,1日でも若いうちに,出来ることを全力で取り組むしかないよな。当たり前すぎるけど,改めてそう思った。