骨休め

GWは骨休め半分、論文執筆に半分といったところか。
幸い早朝の研究活動のおかげで、昼間は家族サービスに集中できる。2時間くらいしか研究の出来る時間がないけど、集中してやる分にはちょうどいい切れ目。おかげで程よい達成感を味わえるし、家族サービスも出来るので、後ろめたい気持ちが消えて精神的にかなり楽になった。仕事、研究、家庭、趣味で完全に気持ちを切り替えるのが最も理想的なんだけど、実際にはなかなか難しい。だけど、早朝生活をすると意外に出来るものだ。

そんなわけで、今年のGWは旭山動物園へ。シロクマのダイブはすごかった(泳げるんだね)。子供は大喜び。

最高気温27度という夏日の中30分待ちだったので、子供がぐずりだして参った。GWにディズニーランドとかに行くことを考えれば、まだマシな方なんだろうけど。

論文の修正の方は着実に進んでいるけど、完成はGW明け頃になりそうだ。 記録を残しているので、コツコツと完成させている様子が手に取るように分かる。モチベーションも高まるから日誌の重要性は侮れないな。