助成財団に申請準備

ある民間の研究助成財団に申し込む事にした。金額は100万円。民間の助成財団は最近はこのくらいの額が多い。

正直言って、私のようにコンピュータを使った解析が研究テーマの場合、パソコン1つあれば物品はほとんどいらない。学会発表のための旅費や論文の投稿費用の方が重要。消耗品だってほとんど必要ないし。

でも、旅費と投稿費用で9割以上を占めたら、通るものも通らなくなってしまう。なので、市販のソフト、書籍購入費、解析用のパソコンも新調することにして予算に盛り込んだ。100万円ってグループ研究としては全然少ないけど、個人で1年間やるのに必要な額としては十分すぎる。

ま、とにかく申請してみます。40歳未満だったら「若手」で申請出来たんだけど、「一般」で申請しないといけない。もう若手じゃないってことだよな。でも、一般で申請する中では一番若い!(笑)。これも実績になるし、絶対に通してみせる!