40歳になり・・・

目の前のことに忙殺されて、重要なことを見失っていた。

自分は職業柄アカデミックな研究業績が必要だけど、これだけしていれば良い訳ではない。プラクティカルなIT技術も必要。

特にデータベースネットワークはいくら専門でなくても十分理解してないといけないし、Webアプリ開発やサーバ管理だってスキルとして身につけておかないと職業柄信頼してもらえない。

言語だって、最近は研究で必要なMATLABやRしか使ってないけど、システム開発に必要なJavaやC#、RubyやPythonなどのスクリプト言語、データベースを勉強するんだったらSQLだって必須だしね。これらの言語は何年も遠ざかっている

さらに欲を言えば、セキュリティ、組込みシステム、UMLとかも重要だろうな。全部弱い。いくら学術論文を書けたとしても、それだけでは不十分

もちろん、プロのSEと同じレベルの実力は必要ないけど、一通り理解していて、ある程度のシステムが開発出来るくらいの実力は必要だと思う。

英語教師と似てるかもしれない。

外国人と会話が全く出来ない英語教師なんて実力を疑われる。いくら語彙が豊富でも、いくら難しい英文をスラスラ読めたとしても。だからといって、プロの通訳と同じレベルの実力は教員には必要ない。それと似てるかな。

私の場合も、いまさら著名な学者を目指す訳じゃないし(なれるわけないし)、だから論文実績だけで勝負しない方がいい

一部の有名大学を除けば、大学だって今の時代アカデミックな内容しか教えられない学者先生よりも、プラクティカルな内容も教えることが出来るエンジニア肌の教員が必要だと思うし、今後、そういう人材が必要になってくるんじゃないかな。

論文執筆や実験の合間にこれらの勉強を始めよう。いい気分転換にもなるから一石二鳥。

昨日40歳になったので、ちょっとだけ残りの人生について考えました。

今の意識のまま10歳若かったら、人生が変わってたかもしれないけどね。それはみんな思うことかもしれないけど。

年内は以下の四本柱を取り組む

  1. 2編目の論文を修正して再投稿、3編目の論文を完成させて投稿する
  2. 医療統計学の中で、統計的検定の手法とその理論的背景を確実に理解する
  3. 古いPCを集めてLANを構築し、ネットワーク技術(TCP/IP)に習熟する
  4. 英語のリスニング(音読パッケージ中級編のテキストを一冊終了させる)

これにより、年始に立てた目標はどうなるか? 

1. フルペーパー3本を採録させ,D論申請(できれば予備審査まで)
⇒ 3本採録は微妙かな。2本は出来そうな感じ。D論申請は来年
2. TOEICで850,少なくとも800は超える(英検1級はまだ無理)
⇒ 850はムリ。でもリスニングだけ集中的にやれば800は射程範囲内。
3. 国際会議で発表する:ICASSPSICESCIS-ISIS
⇒ ICASSP, SICEは発表した。SCIS-ISISは発表せず。
4. 情報処理技術者試験の初心者レベル(基本情報技術者)を合格する。
⇒ 受験しなかったが、ネットワークの知識を確実に