スターウォーズ展のはずがセレンディピティ

実家の札幌に帰省していたので,芸術の森で「スターウォーズ展」があるとのことで行ってきました.芸術の森は高校生のときにPMFの野外コンサートを見に行った時以来・・・.どんなところだったかすっかり忘れてる・・・(^^;)

で,ドキドキしながら行ってきました(笑)

駐車場から美術館まで歩いて行くと,途中で「有島武郎旧邸」の看板が.美術館の開館までまだ時間があったので,先ずはこちらに寄り道することに・・・・

おー何とも立派な西洋館ですね!大正ロマンを感じさせる和洋折衷の建築物でした.ここの邸宅は今の価値でいうと億単位だとか.札幌に永住するつもりで有島自らがデザインを手がけたが,運命のいたずらか実際は1年半しか住めなかったといいます.

中に入ると,管理人のおじいさんが色々説明してくれました.ただ見るだけでなく,こういう説明をしていただけると本当にわかりやすいです.

有島武郎って,白樺派の作家という程度の認識しかなかったけど,作家になる前は北大の教授だったようです.

内観もみごとな和洋折衷で,まさに大正時代を彷彿とさせる作り.

廊下はニレの木で出来ているとのこと.

有島の描いた絵.画家としての才能もあったとか.

たくさんお話を聞いたので,正直一回聞いただけではなかなか覚えられなかった.それが残念.メモっておけば良かった・・・ 学習院中等科を卒業した有島はかなりの資産家の家の出だったようで,親戚縁者には政財界だけでなく芸術,学術に渡って大変な業績を残した方々が多いらしいのです.

当時の時代背景から考えると,それほどの人が北海道に移り住むのはかなりの勇気が必要だったのかなと想像します.

自分と比較するなど全く烏滸がましい話ですが,有島のように冷静に自分のなすべきことを考え,世評に惑わされずに生きねばと思った次第です.

寄り道はここまで.芸術の森美術館に到着.本命のスターウォーズ展です.

入り口ではダースベイダーがお出迎え(笑).これ,実際の衣装なんでしょうかね?だとすれば,身長2mくらいないと着こなせないような気も・・・

で,一通りみたけど,要は「スターウォーズをモチーフとした絵画展」ってところ.うーん,悪いけどお金払ってまで行く価値があるのかな?っていうのが私の正直な感想.

最後は館内のカフェでグレープフルーツの香りの紅茶を飲みながら一休み♪ 爽やかでなかなかいい香り.久しぶりに癒されました.

眺めもいいです.ちょっとした隠れ家ですごくいい雰囲気だと思うけど,今日は人が多くてどうも落ち着かない(苦笑).写真はちょうど人がいないときに撮りました.今度来る時は閑散期の方がいいな.

結局,スターウォーズ展を見る目的で来た芸術の森でしたが,有島武郎の方が面白かった(笑)