【チェジュ島・グルメ】海女さんの食堂で強制的に(?)

2017年7月中旬に韓国済州島で開催された国際会議EMBC 2017に参加してきました.

会場だったICC Jeju内のレストランは,昼食時はどこも長蛇の列!そんなところに列ぶ気はさらさらありません(笑).

それで,ICCから徒歩10分くらいのところにある海女さんの経営する食堂「ヘニョエチッ」に行ってみました.ここは「地球の歩き方」でも載っているので,それなりに有名な店かなと思います.

ICCと隣接する富栄ホテルリゾート,シーエスホテルリゾートなどの敷地内だと思いますが,海岸沿いの遊歩道を歩いて行きます.炎天下でとても暑い!汗がダラダラ流れてきます.

明らかに高級リゾートの敷地内に入っているようです.うーん,部外者が入っていいんだろうか?と少々不安になりながら歩いて行きます.以前,タイのプーケット島に行った時は,間違って高級ホテルの敷地内に入ってしまって警備員に怒鳴られたことがあるので・・・・ その時のトラウマが(笑)

しばらく歩くと途中で立ち入り禁止の柵があって,それ以上先に進めず.でも食堂はすぐ目の前にあります.炎天下の中,汗だくになってここまで来たのに,回り道なんか出来るかよー!と思って,そのまま柵を越えちゃいました(笑).遠くにある小屋がお目当の食堂です.

中に入るとこんな感じ.おばちゃんがやってきたので,私が1人だと言うと,何やら韓国語でベラベラ喋って,そのまま奥に引っ込んでいきました.

んんん????

何言ってるかぜんぜん分からん!片言でも英語を喋ってくれれば助かるんだけどなぁ(笑).で,おばちゃんに,もう一度,1人だけどここで食べることができるか聞いたけど,ぜんぜん通じず.困ったなぁ・・・

そのとき,ちょうど上の写真で左側に座っている奥さんが,私の様子を見て,

You have to wait for 30 minutes.

とおばちゃんの通訳をしてくれました.なるほど!30分待ってくれという意味だったのか(笑).通訳ありがとです.

そして,おとなしく座って待ってると,何か運ばれてきた.

え????おれ,まだ注文してないけど・・・

またまた,おばちゃんに身振り手振りで「まだ注文してない」と英語で言ったけど,相変わらず全然通じず.こんな簡単な内容でも,言葉が通じないと全然やりとりが成立しない.おばちゃんも困って,さきほどの奥さんに「あなた,通訳してよ」みたいな素ぶりで呼んだ.

その奥さんの通訳によると,どうやらこの日のメニューはこれだけなので,注文するまでもなく自動的に運ばれてきたらしい.

あれ?刺身は食べられないのかな?と思ったけど,また通訳を頼むのもめんどくさいのでこれでいいや.アワビのお粥は最初から注文するつもりだったし.

こんな感じでアワビが入ってます.色は濃厚だけど,味は意外と繊細で美味しかったです.

壁に貼ってあったメニューも中国語併記だけど,日本語は残念ながら書いてません.

15, 6年くらい前は,海外旅行に行くとどこも日本人だらけでしたが,今はどこに行っても中国人だらけ.メニューや看板も,中国語併記の方がよく見かけるようになりましたね.

まぁ,漢字だと日本人でもなんとなく分かるので,それでもいいんだけどね.でも,少しだけ寂しくなっちゃいます.ちなみに,このメニュー表は漢字併記でもぜんぜん意味が分かりません(笑)やっぱ,ハングルを読めるようになりたいです.だけど,一番左に「粥」の文字があるので,たぶんこれがアワビ粥なのかな?

最後に会計する時,おばちゃんがニコニコしながらやってきたので,私もニコニコしながら1万ウォン札を出して「カムサムニダ」と一言.ははは,お互いタイヘンでしたね〜(笑)