【渋谷ー代官山】放浪Runで発見したもの

先日,東京出張したときの旅Runです.

相変わらずですが,旅Runは無計画に行き当たりばったりが主義なので,今回も全くの無計画です.

「行くあてもなくさまよい,飛んで行く〜♪(←マルコ)」

渋谷駅新南口がスタート.最近できたばかりのような感じ.この近くにある「東急ステイ渋谷新南口」が今回の宿泊地です.周りは何もなく夜はちょっと閑散としてました.

なんとなーく,南に向かって走って行きました.すると急な下り坂.東京って平地じゃなく結構坂の多い土地なんだと再認識.

目に留まったのは「旧朝倉家住宅」.だけど,運悪く休館日!どのみち,こんな朝早くから開いてないからいいけどね(笑).

重要文化財のようで,なかなか興味深い.

あ!!

このとき,朝Runの最大の欠点に気づいた!せっかくこういう所を発見しても,朝5時や6時台に開いてるところなんてほとんどない!

さらにふらっと,走っていくと代官山のあたりに来ました.さらに奥の細道を走っていくと,なんと,渥美俊一記念館とかいう建物に遭遇.下にはニトリの文字が.似鳥一族となんらかの関わりがある人なのかな?

後でググったところ,渥美俊一は似鳥会長の先生だった人とか.日本経済界への貢献も大きいらしいのです.うむ,このような人がいたことも,ここにこんな記念館があるってことも全然知りませんでした.こういう発見が無計画な旅の面白いところです.

だけど,当然ながらこんな朝早くに開いてません・・・

さて,そのまま代官山駅の方へ走っていくと,見えて来たのは蔦屋書店.24時間営業なんですね.こんな早朝からお客さんがいるだなんて初めて知りました.ここは入れたけど,以前行ったことがあるのであえて入らず.

それにしても,オシャレな書店です.売ってる本もオシャレに見えちゃうのが不思議.

蔦屋書店の中庭をとおって,またまた裏道へ.

そして,代官山の駅近くの大きな通りに出ました.ここから渋谷に向かって北上して行きます.

渋谷駅の南まで来ると高架の取り壊し中.東急東横線の高架のようです.柱には「酒の家」の張り紙が.このあたりは店の広告が貼られてた場所だったらしいです.この広告の店はこの付近にあったのかもしれませんね.

何気なく,近くの小さい川にかかる橋を見ると「並木橋」と書いてありました.1945年までここに駅があったとか.空襲で全焼してしまって,翌年には廃止になったらしいです.

この橋がかかっている川.これが渋谷川かな?それにしても汚い!ほとんど流れてないですね.だけど明治時代には鮎がいたとか!ちょっと信じられない.わずか100年ちょっとでこの変貌ですから異常ですよね.

都市化もいいけど,古き良き時代の風情もできるだけ残して欲しいですけどね.もうすぐアラフィフになるおっさんのたわごとです(笑)