東京ディズニーランドのアトラクションを効率良く回る

正月休みを利用して家族で東京ディズニーランドに行ってきました.

時期的に当然ですけど混んでました(笑)

数年前に行った時も連休だったので,大変混雑しておりどこも1時間待ちや1時間半待ちは当たり前.子供もぐったりしてきますよね.まだ小学生くらいになれば我慢もできますが,幼稚園児だとだっことか言い出すし,みんなタイヘンです.

で,今回のディスニーランドは,少しだけ事前調査をして混雑回避を工夫してみました.テクニックは2つ.

1つ目は「ファストパス」

これはご存知の方も多いと思います.一言で言うと「予約」です.入場してすぐに予約し(ただし時間指定はできない),指定された時刻に行くとほぼ待ち時間なしで優先的に入れる.こんな便利な方法があったとはね.

予約と言っても前日予約やネット予約ではなく,入場した後,行ってみたいアトラクションの近くにファストパスの発券場があるので,そこで発券すればOK!簡単!

ただし,連続発券ができないので,次の発券が可能になる時間まで他のアトラクションに行けば効率的に回れると思います.

2つ目はリアルタイムの待ち時間情報

これ,意外と知らない人が多いんじゃないかと思います.ディズニーランドのホームページへ行くと,それぞれのアトラクションの待ち時間がリアルタイムで表示されているんです.たとえばこんな感じで↓

これを見たら一目瞭然ですが,ビッグサンダーマウンテンは長蛇の列ですが他はガラガラ!混んでるように見えますが,実は人気のあるところ以外はかなり空いてるらしいです.待ち時間5分(!)なんてちょっとびっくり!

なんと!「カリブの海賊」が待ち時間10分じゃないですか!!!数年前行った時は1時間半くらい列んだ記憶が(苦笑).

プーさんのハニーハントに列ぼうとしてたけど,急に予定変更.これはすぐ行くべきだー!と家族を引っ張ってカリブの海賊へGO!(笑)

周りが暗いので,以前行った時は娘が怖がってふえーんと泣いたんですが,今となってはもう笑い話です.ジャックスパロー氏を見て娘はテンション高め〜(笑)

モンスターズインクは90分待ちだったので並ぶのはやめてファストパスを取って夕方行くことに.その後はウエスタンリバー鉄道に.どちらもほぼ待ち時間なし(5〜10分くらい?)で乗れました.

実はこの待ち時間サイト.周りのお客さんの様子を見てると,意外と知らない人が多いような気がします.若い子は知ってそうでしたが.

ファストパスとこの待ち時間情報をうまく利用すれば,とても効率的に回れます.私は

  • 「スターツアーズ」
  • 「モンスターズインク」
  • 「ビッグサンダーマウンテン」

はファストパスを使ってで5〜10分くらいの待ち時間で入場.また,サイトの待ち時間情報のおかげで,

  • 「カリブの海賊」
  • 「マークトゥエイン号」
  • 「ガジェットのゴーコースター」

ファストパスなしで待ち時間10分程度で入場できました.

  • 「プーさんのハニーハント」
  • 「ミッキーの家とミートミッキー」

は残念ながら1時間待ちでした.写真のとおり長蛇の列です(笑).

少し待ったところもあったけど,ファストパスと待ち時間情報をうまく組み合わせると,ほぼ待ち時間なしで簡単に回れます.

何も知らないでディズニーランドに行って,有名なアトラクションの入口で1時間待ち・・・.やっと楽しんだと思ったら,また次のアトラクションの入口で1時間待ち・・・というのでは,時間も体力ももったいない!ぜひ効率良く回ってみてください.

で,ちょっとだけ注意を・・・

とても便利な待ち時間情報ですが,スマホの設定でGPSを使用不可にしていると,待ち時間情報をサイトからアクセスすることが出来ません!

つまり,ディズニーランドに入場している人しか利用できないようになってるんです.

妻は何度アクセスしても表示されないので困ってましたが,妻の携帯はAndroidなので私もGPSの設定方法がわからない.結局,私のiPhoneでアクセスしました.

ランド内のナビゲートやどこへ行きたいかは妻と子供たちに任せるはずだったけど,結局私が混雑状況を見ながらマネジメントしてしまいました(^^;) 世のパパさん,奥様のGPS設定をあらかじめONにしておくことをお忘れなく(笑)

最後は遊園地の定番,メリーゴーランドとダンボとコーヒーカップ.コーヒーカップはぐるんぐるんこれでもか!というくらい回して,子供達は大喜び.妻は具合悪くなって,降りた後もしばらくふらついてました.

ライトアップされたシンデレラ城はとても綺麗でした!

スマホでもこんなに綺麗に夜の写真が撮れるようになったのかとiPhoneのカメラに感激(←そこかよ!笑)