【松島】ちょっと異色な禅寺

シェアする

松島に行ったら,先ずはこの円通院という臨済宗のお寺に行ってみることにしました.松島海岸駅から歩いて10分くらいで着くと思いますが,この日はとても寒くて・・・・北国育ちの私ですが,この日の寒さは半端じゃなかった(苦笑)

円通院に向かう道は,なかなか昔の面影が残っていて歴史のある雰囲気がよかったです.

で,到着! 中国人観光客とお年寄りの団体客が多いこと多いこと!(笑)

実はこのお寺.少し風変わりなところがありました.だけど臨済宗のお寺がみんな風変わりというわけではないと思います.円通院が一種独特なのかなーと.

こちらは入ってすぐに見える日本庭園.これは普通の庭園です.

いやー,紅葉が終わりかけていたのがとても残念!私が行ったのは12月上旬ですが,あと1週間くらい早かったらちょうど良かったかもしれません.

それで,奥の方へ行くと「三慧殿」に到着.ガラス越しにしか見えませんでしたが,解説を読むと・・・

西洋文化の模様が描かれているようです.なんと!和洋折衷の先駆けってわけですか??

時の江戸幕府は鎖国政策をしていたので,当然外国文化はご法度.それで,しばらくは秘密にされていたらしいとか.クローバーやハートのマークがあったり,ローマを象徴するバラやフィレンツェを表す水仙も描かれているらしいです.

順路に従って行くと,今度は墓地.だけど,岩をくり抜いたんでしょう.お地蔵さんも多数.なんだか,すごいですねぇ.

あたりはとても綺麗な紅葉.この辺はまだかろうじて残ってました.

で,今度目にしたのは,ん???

バラ園?

西洋そのものですよ,これ(笑)

なるほど,日本最古の洋バラはローマから持ち帰ったとか.円通院が「バラ寺」と呼ばれるいうのも面白いですね.

最後は「大悲亭(本堂)」です.ここは写真を撮っただけです.

そして最後はまた日本庭園.やはり,バラ園もいいけど,日本庭園の方が心が落ち着くなーと思った次第です.雪がうっすらと積もると,また違った風情があるんでしょうね.

今度は冬に行ってみたいな.

寒いのはイヤだけど・・・(苦笑)