禁煙を100%成功させる方法:ニコチンパッチよりはるかに強力です

私はもうタバコをやめて10年経ちますので、生活の中にタバコは一切ありません。吸っていた事実すら思い出すことがありません。それくらいタバコというのが私の頭の中から完全に消え去っています。

そんな私がなぜ今頃になって「禁煙」をテーマに記事を書くのかというと・・・

ブログのネタに困ったから(笑)

いやいや、冗談ではなく本音です。だけど、タバコがやめられない人は同僚でもかなり多いので、まだまだタバコをやめられなくて苦しんでいる人は多いのではないかと思います。そこで、自分の体験をここで書いておけば、禁煙したいと思っている人が少しでも参考にしてくれるのでは?と思ったのです。

それで・・・

最初からぶっちゃけたことを言います。

タバコをやめるのは実は非常に簡単なのです。私はかつて1日2箱吸っていたチェインスモーカーでした。禁煙も10回ほど失敗したので、「意志が弱い」と同僚から嘲笑されたこともありました(その同僚は今でもスモーカーです)。

では、その挫折続きの禁煙がなぜ最後に成功したのか? 答えは非常に簡単でした。それは、

「自分の意志で本気でやめたいと思っているのか?」

です。もし「本音はやめたくないんだけど・・・」という気持ちが少しでも心の片隅にあれば、禁煙しても絶対に成功しません。断言できます。では、本音はやめたくないけどわざわざ禁煙しようとする理由は何でしょうか?

妻がやめろといったから?

職場が全面禁煙になったから?

タバコの値段が上がったから?

そういう何らかの外圧がやめようとした理由ですよね?そのような理由だと自分が被害者意識を持ってしまうので、意志を貫くのは非常に困難です。人は誰でもそういうものだと思います。

なぜやめたいと思っているのか?その理由を明確にし、外圧ではなく自分の意志で禁煙をしなければ成功しません。たとえば、もし肺ガンが見つかり医師から「今すぐタバコをやめなさい」と言われたらどんなヘビースモーカーでも一瞬でやめられます。それは医師という外圧が理由ではなく、そうしないと自分が死んでしまうからです。

私がやめた理由

それでは、私自身がやめた理由をご紹介します。

当時の私は、家の中で吸わなければ家族には迷惑がかからないと思ってました。多少、私の服や髪がタバコ臭いくらいは我慢せよと。妻もそれくらいは文句を言いませんでした。

まもなく子供が生まれて、私は病院で生まれたばかりの娘を抱きました。そのとき、生まれたばかりで目も開いてない私の娘がクシャミをしたのです。だけど、祖母や義姉、看護師さんがだっこしても何も起きない。再び私がだっこするとまたクシャミをしました。

私はすぐにわかりました。私の着てる服に染み込んだタバコの臭いがクシャミの原因だったのです。1日2箱チェインスモーキングする私は、服にもかなりの臭いが染み付いていたに違いありません。

この一件で、私は禁煙するという意志が強固になりました。娘のためと言えばカッコつけすぎかもしれません。そういう気持ちよりもは、むしろ娘のクシャミがきっかけで本気でやめる決心がついたと言った方がより正確です。この時すでに10回も禁煙に失敗し、自分自身の意志の弱さに呆れ果て、自分はダメな人間だとひどく落ち込んでいた時期でしたから。

「もし今回の禁煙で失敗してしまったら、今後、禁煙しようと思えるようなきっかけは二度とないだろう。これが正真正銘のラストチャンス。もし失敗したら禁煙を諦める。」

こういう思いで禁煙を始めました。すると、ちょっとだけ驚くことが起きたのです。

タバコを吸う夢

その夜、自宅に帰ってきた私は禁煙の固い決心をして就寝しました。すると、その夜にタバコを吸っている夢を見たのです。これには驚きました。

なぜなら、タバコを吸ってる夢を見るのは、禁煙を開始しておよそ2,3週間後です。禁断症状もなくなり、タバコを吸わないことに体が慣れ始めた頃によく見るのです。体はもうニコチンが抜けているのですが、脳がニコチンを摂取していた頃の記憶が残っていて欲している状態です。

ところが、このときはどういうわけか禁煙を決心したその日の夜に夢を見たのです。脳は私の確固たる決意を知り、初日にしてニコチン摂取を夢で欲してきたのです。これは私の勝利にも等しく、「今回の禁煙は必ず成功する」と確信した瞬間でした。その日以来10年経ちますが、今でもタバコは吸ってません。

さらに驚いたのは、この後、禁断症状がほとんど出なかったことです。自分でもびっくりするほどあっけなく、簡単にやめることが出来ました。過去の失敗した禁煙では、いつも禁断症状に悩まされ、それに負けて吸ってしまった時の自己嫌悪。吸っても地獄、吸わなくても地獄という負のスパイラルに陥っていましたが、それが全くウソのようでした。

もちろん、ニコチンパッチとかニコレットのようなものも一切使ってません(禁煙に失敗したときは使ってました)。やはり、最終的には「どれだけ本気で辞めたいと思っているのか?」にかかってると思うのです。

禁煙のススメはありがた迷惑

私自身の経験から思うのは、禁煙に成功した人はどうしても禁煙のすばらしさを喫煙者に伝えたくなりますす。でも、タバコをやめたいと思わない人にとって、そういうアドバイスは単にありがた迷惑です。当時、喫煙者のくせに年長というだけで偉そうにやめろと言ってくる上司がいたんですが、ホントうざかった(笑)。昔はそういう人がたくさんいたものです。

それがよく分かっているので、ここのブログでも禁煙を勧めるようなことは書きません。むしろ、私の考えとしては、本気で禁煙するきっかけがみつからないうちは、無理に禁煙する必要はないのではと思います。

中途半端に禁煙して禁断症状に苦しみ、結局そのストレスに負けてまた吸い始めて自己嫌悪。その繰り返しだと毎日ストレスだらけ。そんなことなら最初から禁煙などしないほうがいいと思います。

歩きタバコやポイ捨てをせず、マナーを守って喫煙所で吸うのであれば、タバコを吸ったところで誰からも文句を言われる筋合いはないのです。度を越した嫌煙家も中にはいますが、どこの世界にも過激派はいるのでいちいち気にしてられないでしょう。これが禁煙に何度も失敗した末、成功した私の正直な感想です。