【台北】バスで故宮博物院まで行く方法

今年の3月に台北に行きました.今回で2回目なのですが,前回は日程の都合上あまりあっちこっち出歩けなくて,総統府と台北101くらいしか行けませんでした.今回は故宮九份をメインに!

調べたところ,故宮はMRT士林駅を北上して出口1からすぐのところにあるバス停から乗るようです.場所はここ↓

ところが,さらに調べてみると,台北のバスって乗車時にお金を払ったり,降車時にお金を払ったり,あるいは両方で払ったりと路線によってバラバラ.慣れてない人には厄介らしい(^^;) しかもGoogle Mapで見てもバス停がよく見えないから,本当にここで良いのか不安になる.

ググって見ると,やっぱ私と同じ人がいて,故宮行きのバス停がどこかわからない!Google Mapで見てもバス停が見えないしよくわからん!という記事を見かけました.

だけど,ものは試し.結局MRT士林駅からバスで故宮に行ってきました.

で,もしこのページをググって来た人のために,バス停の写メをアップしておきます.
こんな感じ↓

※ただし,これは2016年3月時点での写メです.

見てお分かりのように,故宮の写真がはめ込んであるので一目でわかります.「地球の歩き方」で説明のあった304, 紅30などのバスも書いてあります.ちなみに、故宮は英語ではNational Palace Museum。

で,このバス停ですが,ピザハットとワトソン薬局の間くらいにあるバス停です.Google Mapだとここのバス停です↓

私が行った時は,何人も故宮行きのバスを待ってる人がいたので特に手を上げなくても停まってくれました.だけど,バス待ちしてると声をかけてくるおっさん(おそらくタクシーの呼び込み)もいた.当然,無視無視.

乗ったのは815のバス.バスの行き先を示す電光掲示板を見ると「故宮」と漢字で書いてあったので,すぐにわかります.車内の路線図はこんな感じでした↓

故宮は終点なので,間違いようもない!路線図の中の5番がMRT士林駅で,7番が故宮博物院(門口)と書いてます.乗車時間は20分くらいですね.すぐ着きましたが,車の量が多いので時間帯によってはもっとかかるかも?ちなみに私は土曜の午後2時くらいでしたが,結構渋滞してました.

故宮の中は団体客が多くて混み合っていたけど,肉塊はほとんど並ばずにすんなり見れました.白菜は最近オープンした南部院の方にあるらしくこの時はなかったです.土日でも午後2〜4時くらいは空いてるのかもしれません.もちろん,館内は撮影厳禁なので写メはありません.(スマホで撮影してる中国人がいたけどマズいだろー!)

で,実際にバスに乗ってみての感想.

ガイドブックにはバス料金の支払いが面倒くさいと書いてあったけど,悠遊カードを使ってみたら楽勝でした!先払いだと乗るときに運転手から払えって言われるし,後払いだと降りるときに払えって言われるから,別にどうということはないです.言われた時にカードを読み取り機にかざせばいいだけ.

でも,現金だといくら払えばいいのかまごついてしまうし,運転手は英語が全く通じないので金額すら通じないその意味では結構大変かも?バスに乗る前に悠遊カードを購入しておくことを強くオススメします.悠遊カードはこんな感じ↓ 自分で写メを撮るのを忘れたので、Flickrから拝借。

R0012663

それで,この悠遊カードについてちょっとだけ情報提供.

このカードは返却すればお金が戻ってくるというシステム.最初に100元払ってカードを入手し,必要な分だけお金をチャージして使う.窓口に返却すれば最初に払ったお金が戻ってくるし,残ったチャージ分も戻ってくる.使い方はSuicaのような感じ.

ところがこのカードは二種類あるんです.コンビニやMRT駅の一部で売ってるカードは「買い取り」.つまり,窓口に返却してもお金が戻ってこないタイプ.MRT台北駅では買い取りタイプしかないと受付に言われてしまった!台北駅って観光客が多く来る駅だから,ここで払い戻しできるカードがないというのも不親切だよね.結局,別の駅(どこだったか忘れた)の券売機で払い戻し可のカードを購入.

まぁ,高々100元くらいなので旅行の記念に持って帰ってきても良いけど.

というわけで,案ずるより産むが易し!バスの利用はなかなか便利で楽しかった.
今度行った時はMRTじゃなくて,バス中心で台北市内を観光しようと思います.