ICASSP 2018の開催地が急遽変更に!

ICASSP 2012 banquet

突然の会場変更!

先ほど開いた ICASSP 2018 のホームページでしたが,どうやら開催地を急遽変更することになったようです.

もともと韓国ソウルの予定だったんですが,最近の北朝鮮情勢を考慮したとのことです.私もちょっと気になっていたんですけど,まぁソウルにミサイルを撃つようなことは,いくらなんでもしないだろうと.何の根拠もなくそう思ってました(←こういうヤツが逃げ遅れるw)

開催地はカナダかアメリカのどちらかになるとのことです.

ICASSPはどんな学会か?

ICASSP (International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing) は,信号処理関連を扱うIEEEの学会の1つで,この分野のFlag-ship カンファレンスと言われております.ICASSPは2012年に京都で開催されたことがありますが,その時に一度だけ参加したことあります.とにかく,ポスターセッションの盛り上がりがすごい学会です.

全体的に発表内容のレベルが高く,私なんかが発表して本当にいいんかいな?と思っちゃっいました.私の両隣のパネルは,UCLAケンブリッジの人でしたからねー(苦笑).実際,日本人でも信号処理関係や画像関係の有名な先生方もちらほら見かけました.

ちなみに,ICASSPはオーラルもポスターも全く同じステータスで(つまり,ポスターでも査読は甘くない)採択率は50%前後でした.数字だけでみるとまぁまぁですけどね.

バンケットは国際会議場に隣接しているプリンスホテルでフレンチのフルコース.おまけに芸者さんがお酌をしてくれた.庶民だと滅多に経験できないことを経験しました(笑).これがもし韓国だったら,どんなバンケットになるんだろうとちょっと興味を持っていたんです.

旅費の問題

来年の4,5月はもう次年度になってるので,今もらってる科研費は使えない.次も当たるかどうかわからないし.ソウルならいざとなれば自腹でもそんなにかからないと思ってたけど,北米だとちょっと話が変わってくる.今回は諦めようかな・・・・

研究ってカネがかかるのよねぇ・・・

・・・とか思いながら,このようなブログを書いて現実逃避をしておりました(←現在,別のフルペーパーを執筆中)

そろそろ,サボるのはやめて仕事に戻ることにします(笑)