アジアの旅とグルメ, 旅の発見とグルメ

仁川空港から金浦空港まで実際にどのくらいの時間がかかる?

学会のためしばらく済州島に行ってたんですが,このブログを運営しているサーバーを海外からのログインを拒否する設定にしていたことをすっかり忘れていました.おかげで,向こうでは全くブログを更新できず,しばらく放置状態になってました.すみません(汗)

で,今回の韓国ですが渡航は2回目.前回はソウルだったので,あまり気にもしてませんでしたが,実は韓国の国内便は仁川空港ではなく,金浦空港に集約しているらしい.

つまり,仁川空港に行ったらそこから金浦空港まで列車で移動しなければならない!これは結構面倒だなーと思いましたがやむなしですね.それでも,成田ー羽田を移動するよりはるかにマシかな?

なにせ仁川ー金浦を移動するのが今回初めてなので,かなりかなり余裕をみて便をとりました.仁川着が11:50くらいで,金浦発が16:50.5時間も間をとりました(笑)だって,仁川着の便が遅れるかもしれないしー.

で,航空会社は大韓航空.肉料理が出てくるところが大韓航空らしくていい.それもなかなか美味いですよ.コチュジャンをがっつりかけて食べました.

それで,仁川空港につきました.おぉ!ハングルだ(←当たり前w)で,ここから金浦空港に向かうまでにいくつか手続きがあるのは,

  • 入国審査(大抵は長蛇の列)
  • 手荷物受け取り(仁川で一旦受け取りでした)
  • T-Moneyを購入しチャージする
  • 鉄道に乗って金浦までいく(普通列車だと37分)

手荷物が仁川で一旦受け取りだったので,それが結構めんどくさかったです.最終目的地まで持って行ってくれればいんですが,それは出来ませんでした(帰りの便はOKだった)

今回は比較的小さい機体だったので乗客数も少なく,入国審査はそんなに待たずに終了.手荷物もそんなに待たないうちにやってきて,予想よりかなりスムーズ.おやおや,時間が余りすぎるかも?

ちょっと写真がピンボケですが,A’ REXという空港鉄道に乗車.もちろん,普通列車です.料金はT-moneyというカードを購入し,お金をチャージして利用.これがすごく便利だった.普通列車で十分です.

こいつがT-moneyカード.ピョンチャンオリンピックが2018年にあるので,そのキャンペーンなのかデザインが小洒落た感じです.済州島に行った後の移動も考えて20,000ウォンをチャージ.これがかなり役立ちました.

金浦空港はソウル行きの列車に乗りますが,なんと!ソウルよりも金浦空港の方が近いようです.

金浦空港のチェックインカウンターに到着!この時点で,13:13.仁川に到着したのが11:50だったので,入国審査や手荷物受け取りなどすべて含めて1時間23分で仁川空港から金浦空港に到着.予想よりかなり早かったですが,今回はすべてのプロセスが割とすんなり終わったので,このくらいで済んだのかもしれません.早く着きすぎてひまー(笑)

だけど,到着遅れとか入国審査の混雑を考えると,私は3時間くらいは最低でも空けておきたいかな?

で,余りまくった時間を利用して,空港の韓国料理店で早めの夕食を.スンドゥブが8,500ウォン.空港の割には安くて美味い.機内食を食べたばっかりなのに・・・こんなに食ってばかりだと太る(笑)

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。