iPadでLEGO EV3プログラミングアプリを使ってみた

LEGOマインドストームで作成したロボットをiPadで制御出来る教育版レゴマインドストーム用のEV3アプリがあるということで、早速おヌー(New)のiPad mini 4にインストールして操作してみました。

iPad版はApple Storeからダウンロードできます。無償でした。

LEGOのプログラミング用にLabVIEWも購入したんですけど、まずはこちらの簡単なソフトの方を使ってみました。って言うか、このソフトにもうっすらとLabVIEWのロゴがあるので、元々はLabVIEWなのかも?使い方もほとんど同じかもしれませんね。

それと、オフィシャルのサポートページ(https://www.lego.com/ja-jp/mindstorms/apps/ev3-programmer-app/support)は結構参考になります。

基本はBluetoothでレゴと接続して、iPadで作成したプログラムをレゴにダウンロードする形。なので、Bluetooth接続でペアリングが出来てないとダメですね。まずはレゴのインテリジェントブロックを操作して、BluetoothをONにして、iPad接続をON。お互いを承認してペアリング完了。

ペアリングがうまくいくと、右上のアイコンが三角形の実行ボタンになります。次はブロックをつないで作ってみました。ふーむ、iPad用のアプリでは、モニタに顔を表示したり音を鳴らしたり、モータを回転させるくらいしか出来ないようですが、PC用だとセンサの読み取りも出来るようです。

ロボット本体の方は、付属の小冊子に書いてある一番簡単な走行体を組み立てました。

まずは、顔を表示して「EV3」と喋った後、少し直進した後ぐるりとその場で一回転。そして不敵な笑いをするというプログラム(笑)。これを制御ブロックの組み合わせで作成しました。直感だけで作れます。右上の実行ボタンを押してGO!

実行結果はこんな感じ↓

簡単簡単!すごいなこれ!

今後、WROやETロボコンにも足を踏み入れて、少しずつGeekな世界へと突入していきます♪

コメント

  1. クレファス生 より:

    質問です
    センサー制御や変数はどうするのですか?
    パソコン版はできるのですが・・・・・・
    EV3は、持っています。

  2. sosui_yoshi より:

    私も詳しくは知りませんが,iPad版アプリではセンサー制御が出来ないようです.
    パソコン版を使うしかないようですね.