【済州オルレ】6コース逆回りRunでウェドルゲへ no.2:濡れまくり!

前回の済州オルレを走った記事はこちらです.

今回はこの続き.ちなみにオルレのルートはこんな感じ.

前回はSTARTから赤字のルートで南下した後,海岸沿いを走り,バス通り沿いのCUまで来ました.今回はここからウェドルゲ,三梅峰公園,CUを経由しGOALのインフォメーションセンターまで向かいます.

さて,偶然発見したオアシス CUで水分補給を完了し,バス通りを走ります.あたりはミカン畑.済州島のミカンは有名だしねー.

また海岸の方へ向かいます.すると公衆トイレを発見.

ヨーロッパなどでは公衆トイレは管理人が必ず常駐していて,無人のまま夜中や早朝に開いてることはほとんどないですが,済州島ではそんな心配はないようです.日本と同じで無人.しかもきれいでした.

ここから始まる海岸ルートはとても整備されており,散歩道としても優れています.途中,おしゃれなカフェもいくつかみかけました.入りたかったけど,まだ早朝なのでクローズ.

切り立った崖になってるようで,柵がしっかりと張られてます.転落注意の看板もみかけました.眺めはよかったです.

リゾートでしょうか.南国らしいとてもよい雰囲気でした.

だけど,道はそれなりに起伏が激しく,体力が要ります.

え?あの上まで行くの??? 見ただけでグッタリ疲れちゃいます(笑)

やっと,登りきったところまで来たら,整備された公園らしきところに出ました.

さらに進んで行くと,あ!!見覚えのある看板が!

これはチャングムの衣装です.やっと到着しました!

日本語の解説もありました.ところどころ漢字が簡体字になっていたり,ひらがながカタカナになっているのはご愛嬌ということで(笑).

で,これがウェドルゲ.実際に見ると確かに独特な形をした岩です.海も深緑色で美しい風景ですが,やっぱ,写真ではなかなかこの良さが伝わらないです.

さて,目的だったウェドルゲを後に,このままオルレ6コースのゴール,インフォメーションセンターを目指します.ここはウェドルゲの駐車場.この辺に三梅峰公園の山に向かう道があるはず・・・.

周りを見渡すと,オルレの目印を発見.あった!ここを登って行きます.

ところが,この山の斜面がかなり急で,階段があったんですが登るのが辛い辛い・・・・気力を振り絞って登って行きました.

もう登り始めの段階で,すでに私のTシャツとランパンは汗でびっしょり濡れてました.絞れるくらいです.体力の消耗が著しく,気が滅入りそうです.

そして,山の頂上に到着.健康器具がいくつか置いてあったけど,こんな上まで登って来れる人なら,健康器具など使わなくても十分健康だと思った・・・

展望台に到着.もうヘトヘトです・・・

眺めは最高!ワールドカップスタジアムが見えます.こんなに遠くまで来たんだなぁ.しばし,ここで一休み・・・

腰掛けたベンチが私の汗で水浸しになったのでびっくり.こんなに汗かいたの初めて.ためしにTシャツのすそを絞ってみたら,まるで脱水前の洗濯物のようでした(苦笑)

帰りは緩やかな坂.頂上に向かう近所の人も何人かいました.

そして,麓の住宅街を抜けると,あった!ここでもオアシスCUを発見.水を購入して,オープンテラスでしばし休憩.日本のコンビニと違って,屋外で休めるところがあって嬉しい.

テラスに座って水分補給しながら休みます.車はあまり通りません.田舎町でいい雰囲気です.日が差して来たので,ウェアが乾いてくれるといいんだけどねー.

そして,昨日間違ってコースアウトしちゃった地点に来ました.ほっ!ここまで来れば,もう道に迷いません.

そして,ゴール.インフォメーションセンター併設のカフェです.

ここで,カフェラテを飲みます.ふぅ・・・・いい運動でした.この段階で10時半くらいかな?ちょっと椅子が濡れてしまいそうで気になりましたが,木製なのでたぶん大丈夫(と思うことにした笑).それにCUで休んでいる時に結構乾いたようだし・・・

ここで,昨日クローズしてた向かいの食堂に行ってみようと思い立ちました.昼には少し早いけどまぁいいでしょう.で,行ってみると今日は営業してました!

どーも,お目汚し失礼します(笑)

テーブル席は満席.私は小上がり席へ.フローリングで茣蓙の座布団だったので通気性もよさそう.私の濡れたランパンでも大丈夫.

ふと思ったんだけど,そんなパンツも絞れるくらい汗をかいてしまったオレはどこか体が変なんじゃないか?

メニュー表はこのとおり日本語併記.有名な店なので値段もちょっと高め.まぁ,アワビがたくさん入ってるから,このくらいはするでしょうね.もちろん,定番のアワビの土鍋を注文.

来ました!アワビがたくさん入ってます.ハマグリも入ってる!

そして,何とウニも入ってました!鍋にウニを入れるだなんて,日本では贅沢すぎて出来ません.でも,このおかげなのか深い味わいになってました.人気メニューなのがよくわかります.

ちょっと早めの昼食もたべて目的は達成.ウェドルゲも行ったし,オルレ6コースも走りきったし,アワビの土鍋も食べた.近くのバス停から空港バス600番に乗り一旦ホテルへ戻りました.