iPad用キーボード「Bookey Smart」は要注意!

最近、出張のとき持ち歩いているMacBook Proが重くて嫌になってます。昔のMacBookに比べればかなり軽くなったんですが、1.6kgくらいあるとまだまだストレスを感じちゃいます。理想は500g前後ですね。

ふと出張時のパソコンの用途を考えてみると、あることに気がつきました。大抵は、メールを確認して返信したり、Wordでドキュメントを作成したり、Power Pointでプレゼン資料を作成したり、ネットを検索したりと、言ってしまえば用途はそれだけなんです。

そうであれば、わざわざ重たいMBPなど持ち歩かなくても、iPadで十分なんじゃない?と思ったわけです。

唯一、iPadでダメなことがあるとすればプログラム作成かな?こればっかりはどうしようもない(無理やり出来ないこともないけど・・・)。だけど、出張先でコードを書く機会って、そんなに多いわけじゃない。

それで、お蔵入りしていたiPad miniを復活させて、こいつでどれだけ仕事ができるのか頑張ってみることにします。いずれ、そのレポも記事にしたいと思います。

まずはキーボードが必要。だけどiPadで使うキーボードなので、可搬性に優れ、かつ軽量なのが前提。できればカバーと兼用だといい。ということで、BookeyのSmart for iPad miniという商品を購入してみました。

Amazonでみたところ評判は悪くないし、何より軽いのがいいと思いました。早速装着!

おぉ!見た目はすごくいい!クールな感じがします。

・・・・・と感激したのはここまで。実際にキーを押してみると、うっ!結構硬くない?これ。しかも、キーを押すとネッチョネッチョしてるので一文字ずつしか入力できない。これはひどいよ!メールを打ち終えた頃には、指が筋肉痛になってるかもしれない。ソフトウェアキーボードの方がまだマシ!

それに、カバーを斜めに折りマグネットで後ろを固定するようになってるんですが、このマグネットが弱くてすぐ離れるんです!(笑)何度も後ろにバタっと倒れてしまい、その都度イラッとします。

この点に関しては後ろをクリップで挟んで対処できますが、キーのネッチョネッチョ感はどうしようもない。キー入力がそれほど頻繁じゃない人にはいいかもしれませんが、仕事で使えるようなシロモノではありません。今回の落胆は半端ないです。

先日、店頭デモで置いてあったiPad Pro 9.7 inchに付いていたApple純正のキーボードは軽くて打ちやすくて魅力的だったけど、mini用の純正キーボードはないらしい。

それじゃ、いっそのこと iPad Pro 9.7 inchを買おうかと思いましたが、9.7 inchは私にとって少し大きい。miniくらいの大きさがちょうどいいのです。なかなか思うようにいきませんね・・・

【教訓】キーボードやマウスは店頭で使用感を確かめてから買うべし!

iPad miniを用いた仕事術。最初からつまずいた・・・・(苦笑)