類似研究に勇気づけられ

先日,過去の生体医工学会誌の論文をいくつか斜め読みしていたら,ふと目に留まった論文があった。その内容を読むと,私が以前やったちょっと特殊な分析と全く同じ手法だった。ただし,先方は画像系のデータ...

NO IMAGE

工学の原点

「我らクレイジーエンジニア主義」で紹介された人たちがやってることは,ワタシに衝撃を与えてくれた。工学研究って理論や分析に偏る傾向にあるけど,本来はモノを作ってナンボの世界。論文実績にならなくても,これ...

医博もなんか魅力的

昨日,病院にて2人目の被験者のデータを取得。なにせ,検査入院の人数がそれほど多くない病気を扱っているので,どうしてもこのくらいのペースになってしまう。できるだけ3ヶ月で2人程度のペースで取りた...

研究の進捗状況 (1)

ある生体データを取得し,健康状態の良性と悪性を自動的に判別する医療機器の開発。MRIや脳波計のような大掛かりな計測を行うのではなく,自宅でも容易に計測出来る体温計並みの計測器を用いて(多少精度...

感性工学会大会

感性工学会大会の参加申し込みをしたので,9月に東京に行くことになった。 今回はポスター発表なので,お気楽に。感性工学会に参加するは初めて。きっかけは同僚のすすめなのだが,感性工学のような...

Scilab : Cで関数を作成する

Scilabのループ命令があまりにも遅いので,Cで書いてコンパイルしたネイティブ・コードをscilabからリンクして利用する方法を見つけたので紹介.オリジナルは以下(英語): 動...

NO IMAGE

医工コモンズシンポ

に参加して来た。 会場は慶応三田キャンパス。JR田町駅から徒歩5分。初めて来たけど,駅からこんな至近距離にあるなんて本当に便利だね。歴史ある建物が大学らしくて,なかなかいい。さすが慶応という印象...

中国系の怪しい学会

最近,中国系の学会からよく開催通知のメールが届く。内容は英語と中国語の併記なのだが,最近届いたある学会の開催通知を読むと, 米国IEEEがテクニカルスポンサー ハーバードをはじめ,有名...