iPadを用いた完全ペーパーレス生活が快適な5つの理由

シェアする

先ず,そもそも論になってしまいますが・・・ペーパーレスにする理由はなんでしょうか?

  • 環境に優しい
  • コスト削減(紙代の節約)

など理由はいろいろだと思いますが,ぶっちゃけ言うと,会社の経費削減が大きな目的だったらあまりモチベーションが上がりません.なぜなら,わざわざ業務効率が落ちるリスクをかかえてまでして,社命でもないのにあえてペーパーレスにトライしたいとは思いませんからね.

そこで,完全ペーパーレスにする利点は何かという点を明確にする必要があるのかなーと思います.その利点について(私の場合について)述べたいと思います.

それには,いろいろガジェットが必要になってきます.それは,

  • iPad Pro
  • Apple Pencil
  • Smart Keyboard
  • Evernote + Penultimate
  • Kindle

です.これらのアイテムとアプリがあれば,ほぼ完璧だと思います.だけど,スキャナーは自宅にないので,職場のものを使用します.自宅で完全にペーパーレスを目指すには,スキャナーも別途必要だと思います.

自宅の書棚が限界

私は結構本を買う方ですが、正直言って自宅の書棚はすでに限界に達しています。子供の教科書やノート、妻の料理ブックやファイルなどもすべて兼用なので、私の許されるスペースはごくわずか(笑)

そのような状況なので,書籍はなるべくKindle版を購入することにしました。Kindleといえばamazonのタブレット端末を連想する人が多いですけど,iPad/iPhone用のアプリもあります。

今は,小説やビジネス本などはKindle版しか買いません。例外は専門書や問題集の類です。やっぱりこれらは鉛筆で書き込んで、見た目も手触りもボロボロになるまで使い込む方がいいと思ってます(今後,考えが変わるかもしれませんが・・・)。

書棚のスペースができて妻は大喜びです.家族の笑顔が何にも勝るメリットです(苦笑)

重たいカバンを持ち歩くのは嫌だ!

私は出張時(特に海外のように移動時間が長時間になる場合)に,

  • あの本を読みたい
  • あの論文を読みたい
  • あの問題集を勉強したい
  • あの小説も読みたい
  • あの○○○○も読みたい

と思ってしまう悪癖があります.結局は一冊くらいしか読めなかったり,移動中寝ちゃって何も出来なかったりすることが多々あるんですが,読みたいと思った時手元になかったときのガッカリ感の方が私にとっては重大問題.だから,いつもノートや本を大量にカバンに押し込んで持ち歩いてました。

もちろん,その重さは半端じゃないです.本だけじゃなくMacBookも同じカバンに押し込むのでかなりの重量です.詰め込みすぎるとカバンの形も変形しちゃうので,おしゃれなカバンだと台無しです(そもそもブリーフケースに何冊も押し込もうというのが問題)

それが、iPad1つで十分となれば、これは大変大きなメリットです。本を読むだけならiPhoneだけでも十分です.

iPhoneの使用時間が増えるので,モバイルバッテリーが必要かもしれませんが,国際便だと座席シートにUSB端子が付いてるので,それすら不要かもしれません.

手書きと変わらない書き味で、修正もできる

そして、ペーパーレスの究極と言える姿がApple pencilですね。この使いやすさはハンパじゃないです。もう紙のノートはいらないんじゃないかと思ったほどの衝撃でした。

無料アプリPenultimateを使えば、手書きのノートが自動的にevernoteに保存されるし、もうパーフェクトです。しかも、書いたものをページ内で移動させたり、書き直ししたり、ページを途中で挿入出来るのは(ディジタルですから当然ですけど)とても便利です。

これが紙のノートだとそうはいかない。私は一度書いたものが修正できないことが嫌いなので、ボールペンや蛍光ペンを使うことがほとんどなく、すべてモノクロ鉛筆一色でした。それが、Apple Pencilを使うと、様々な書き味のペンでしかもカラフルに色付けすることが可能。簡単に消せるし修正も容易.夢のような環境です.

しかも、ページを途中で挿入することも簡単。普通のCampusノートだと途中でページを挿入することなど当然不可能です.ルーズリーフを使用するなら可能ですが、その代償として,あの分厚くて重たいバインダーで閉じないとバラバラになってしまいます。

いつでもどこでも全ての書類にアクセス

evernoteは容量制限がありませんので(アップロード出来る容量は制限がある)、仕事の書類から会議の議事録、自分の勉強ノート、ただのメモ書きから領収書や連絡先一覧までありとあらゆるものが保存可能。

そして、それらがネット接続さえできれば、いつでもどこからでもアクセスできるという強み。いわば書棚と分厚いファイル何十冊分を常に持ち歩いているようなもの

この便利な環境で生活するようになったら,もう元には戻れませんね.

スケジュール管理もiPadで

スケジュール管理はiOS純正のカレンダーアプリを利用してます.iPhone,iPad,iMac,MacBookProの4つの端末で同期してますが,iPhoneは画面が小さくみづらいので,Jorteというフリーのカレンダーアプリを使用してます.

だけど,Jorteは広告が出てきてウザいのと,起動が重いのが気に入らないです.何かお勧めアプリってありますかねぇ・・・

あと,うちの職場では会議の開催通知がメールで届くんですが,そのメールの文章を丸ごと予定の中のメモにコピペします.そうすれば,カレンダーへの入力ミスがあった場合にも大丈夫です.もちろん,リマインダーの通知も忘れずに設定します.

おかげで,手帳を買うことも利用することもなくなりました.

まとめ

エコやコストダウンのためという目的もあろうかと思いますが、それよりも「真の快適さ」を追求した結果、最終的にペーパーレスにたどり着くのかなーと思います.

私は出張時にiPadProだけを持ち歩くようになったので,とてもラクになりました.もちろん,出張先の業務はiPadだけで十分こなすことが出来ます.