【北京小王府@北京】気軽に食べることのできる北京料理

地下鉄建国門駅から徒歩で行ける日壇公園内にあるレストラン「北京小王府」に行きました。

大皿料理を大人数で食べるのが普通とされている中国で、お一人様中華料理って結構勇気がいります。

だけど、ここの店は全然大丈夫!私が行ったのはランチタイムでしたが、普通にオープンテラスで食べてきました。

レストランは日壇公園の中にあります。周りは大使館もある閑静な場所。花壇が綺麗でした。

こちらがそのお店。オープンテラスもあるので、そちらに座りました。

席から見たらこんな感じ。接客は良かったですよ。1人だと告げても嫌な顔せずに気持ち良く席に案内してくれました。

まずは中国茶を。ポットで頼みましたが、これが意外と高くて驚きました。別の店でもそうでしたが、中国ではお茶の値段が意外と高い!食事と同じくらいの値段がします。

もちろん中国茶ですから、飲み方は蓋を少しずらしてその隙間から飲む。

注文したのは、鶏肉のピーナッツ炒め。ピリ辛でうまかったけど、甘い味付けなので最後の方はちょっと飽きてきちゃった(苦笑)。

それにピーナッツがかなりたくさん入っていて、柔らかいので結構歯に挟まって食べづらい。うーむ・・・味は悪くないけど、これは酒のつまみにした方がよかったかもね(笑)

ここの北京小王府は支店がいくつかあるようですが、私が行ったのは日壇公園店。トリップアドバイザの評判もいいようなので、北京に行った時は気軽にランチを楽しむのにいいかもしれませんね。

JTBがこのレストランを紹介したページはこちら