草食系で何が悪い?

ある程度の年齢のおじさんが集まると,自分の子供たちや若い社員たちを見て

「近頃の若い子は草食系だし,冒険しないし,メンタル弱いし」

とか,そのような話になることが多い.私も同じおじさん世代として分からんでもないけど,正直,誰と話しても似たような方向性の話になるので,私としては飽きちゃった感がある.いまさら,そんなこと言って何になる?そして,その次に続くのは

「おれの若い頃は・・・・」

はいはい,もういいって(苦笑)

私は子供の頃からやんちゃとはほぼ遠く,どちらかといえば今の若者と似てるところがあった.なので,若い頃の武勇伝がそもそもない.もし武勇伝らしきことを語るとすれば,事実を誇張して半分デタラメな話にするしかない.

自分の小中高時代を考えると,クラスに1,2人確かにやんちゃな奴がいたけど,大多数は普通の子供でしたよ.そう考えると,実はあなたの周りにいる肉食系オヤジの武勇伝は,デタラメな内容がほとんどかもしれません.

草食系でよい!ただし・・・

でも,私は自分自身の若い頃を冷静に振り返ると,野心家で立身出世を夢見てたので実は肉食系だったのかな?と思うこともあります.あからさまに野心を表に出すほど自分に自信があったわけではなかったけど,「自分でも頑張れば何とかなるのでは?」と内に秘めた思いはあった.

まぁ,そんな若い頃の野心は今となっては遠く彼方に消え去りました.今はより現実的な問題に対し自然体で取り組むという姿勢に変わりました.随分草食になっちゃったと自分でも思うけど,肉類は最近胃もたれするので・・・(笑)

で,何が言いたいかというと,ぶっちゃけ人は見た目じゃわからんということ.

何事にも情熱がなく冷めた見方しかできない奴らも昔に比べて確かに増えた.だけど,その中の何割かは,見た目だけ周りに迎合して草食系を装っているだけのようにも思える.もしそうであれば,草食系でもいいのだ

オヤジたちのように「自分は肉食だ」などと,うわべだけやんちゃなフリをする必要などない.表面だけ肉食系を装って無理にカッコつけたところで,いざとなればボロが出る.そして,そういうボロほど明るみになった時は超カッコ悪いものだ.

普段は草食に見えても,チャンスと見るや淡々と行動を起こし確実にモノにする.ライオンのような派手さはないが,目立たず地味に確実に獲物を捕らえるハイエナのようなしたたかさがある.それが本物の肉食系で,ある意味「一番怖い」ヤツ.一流の企業経営者は柔らかい物腰で話す人が多いけど,こういうことなのである.