【チェジュ島・グルメ】タチウオの鍋から受けた衝撃!

済州島・西帰浦にある市場にふらっと立ち寄った時にみかけた食堂.名前は,

ポトゥルジップ(?)

ごめんなさい,ハングルはまだまだ全然読めないです(汗).ちょうど昼だったので,ここで昼食をとることにしました.

店内はこんな感じ.男性の店員さんは英語が片言で話せるので,大変助かりました.

だけど,メニューはご覧の通りハングルだけ.これでは何が何だかさっぱり分かりません.

それで,私は店先の看板の写真をあらかじめ撮っておいたので,これを見せて指を差して注文(写真の真ん中「帯魚湯」と書いてある写真).すると,「Spicy? or non spicy?」と英語で聞いてきたので,もちろん「Spicy!」と答える.もし台湾だったらnon spicyと答えていたかも?(八角の風味が超苦手なんで….笑)

来ましたー.定番の前菜です.これは店によって若干内容が異なります.今回は・・・

このキムチが珍しかった.なかなか美味しかったです.ごぼう???

で,来ました.タチウオの鍋です.野菜がたっぷり入ってますね.キュウリのように見えるのはズッキーニです.あとは白菜のような(白菜より癖のない野菜)も入ってました.見た感じ野菜たっぷりでとてもグリーン(笑).薄味なのかな?と思ったけど・・・

一口食べるとタチウオの旨味が十分!タチウオってこんなにダシが出る魚だったんだ.ちょっとした衝撃でしたねー.光り物の魚ですがイワシのような生臭さがなく淡白.でも旨味は十分すぎるほど.その旨味がズッキーニや他の野菜の隅々に染み込んでいて,これは旨いですよ!

そんなわけで,西帰浦といえば海鮮鍋とかアワビの土鍋とか有名ですけど,私が一番おすすめしたいのは,実はこのタチウオの鍋です.もちろん,アワビの土鍋もとても美味しかったけど,味は大体予想したとおり.でも,このタチウオの鍋は私の予想をはるかに超えてました!

一つ欠点があるとすれば,タチウオって小骨が多い魚だけど,そんなのお構いなしのぶつ切りで入ってるので,魚の身がとても食べづらいこと.ま,魚は出がらしと思えば,身が残っていてもバンバン殻入れに捨てていいですけどね.