現在の私のTOEICスコア(と言っても,受けたのは2010年頃なので随分前です)は760点くらいで,内訳はL:380, R:380くらいだったと思いますが,正確な点数は忘れました.

で,先ずは9月に受験するTOEICでは800超えを目標にしたいと思います.それには,この1ヶ月間で「リスニング」「語彙」を重視したいと思ってます.

 

なぜリスニング対策をするのか?

スコアの内訳を見ると分かりますが,私はリスニングとリーディングがほぼ同じスコアです.TOEICはリスニングの点数の方が上回るのが自然な能力とされているので,私は明らかにリーディングに比べてリスニングの力が弱いことがわかります.

それで対策としては,森沢洋介先生の「音読パッケージトレーニング中級レベル」をほぼ終わらせるようにしたいと思います.テキストはこれ↓

先日の国際会議前の勉強も実はこの本の音読パッケージが主体ですでに半分くらいは終わらせてます.せっかく途中までやったので,残りをすべて終わらせるのが9月までのミッション.そして,試験1週間前くらいになったら,公式問題集のリスニングを始めてみたいと思います.

公式問題集を最初から取り組んだ方が効率がいいのかもしれませんが,コロコロ教材を変えるとやる気が削がれそうなので,とりあえず音読パッケージの本を終わらせて,達成感を味わうことにします.

 

TOEICの語彙は簡単?

次の私の対策は「語彙」です.TOEICで出てくる単語は英検1級などと比べるとかなり平易ですが,最近はビジネスに特化したような単語が出てきたり,すでに知ってる単語でもビジネスでは特殊な意味で使用されたりとか,そういう単語が頻出するようになってます.

私は以前,TOEIC Part 7の問題を時間無制限で解いてみて,どれくらい正答できるか調べてみました.すると,8割強は正答していることが判明し,しかも間違った問題は単語の意味がわからないことが原因だというのも判明しました.そこで分かったのは,TOEICの単語は意外と侮れない!今回は語彙を完璧なくらいに仕上げたいと思います.

ここでちょっと疑問に思ったかもしれません.Part 7で8割強正答してるんだったら,リーディングセクションのスコアは単純計算でも450点くらいは取れるはず.ところが実際は380点です.なぜこんなに差が出たのか?

理由は簡単です.私の読むスピードが遅いため時間内に全部解けなかったことが原因です.ということは,読みのスピードを加速させるトレーニングを積めば簡単にスコアアップにつながると思うし,おそらく,それが一番近道かもしれません.でも,読みのスピードは9月以降の課題にしたいと思います.先ずは語彙.

語彙アップに使用する単語帳はこれ↓

前半はかなり平易な単語ばかりですが,それでもTOEICで使用される時の意味が特殊だったりするので,読んでいてなかなか面白いです.

セクションは大きく4つに分かれてるので,1セクションを1週間で仕上げていって,9月までに全部終わらせる予定です.難解な単語がほとんどないので,1週間に200〜300語くらいでも覚えられそうです.

 

今後の進捗に乞うご期待

この2冊を中心とした学習をとりあえず1ヶ月続けます.進捗状況は週に一度,ここのブログで報告していきますので,どの教材を勉強したら,どれくらい効果が出るのか参考にしていただければ幸いです.

TOEIC700台は足踏みする人が最も多いらしく,ここから飛躍するのがなかなか難しいと聞きます.私もかれこれ7年くらいこのスコアに留まってます.この7年間ほとんど勉強してませんから,一度挫折したようなものですが・・・

だけど,最近になってまた息を吹き返してきたので,来年中に900点に到達するよう頑張りたいと思います.先ずは来月の試験で800超えを.

 

http://sosui.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/writing-933262_640.jpghttp://sosui.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/writing-933262_640-300x225.jpgsosui_yoshi外国語をたしなむ英語(英検,TOEIC)現在の私のTOEICスコア(と言っても,受けたのは2010年頃なので随分前です)は760点くらいで,内訳はL:380, R:380くらいだったと思いますが,正確な点数は忘れました. で,先ずは9月に受験するTOEICでは800超えを目標にしたいと思います.それには,この1ヶ月間で「リスニング」と「語彙」を重視したいと思ってます.   なぜリスニング対策をするのか? スコアの内訳を見ると分かりますが,私はリスニングとリーディングがほぼ同じスコアです.TOEICはリスニングの点数の方が上回るのが自然な能力とされているので,私は明らかにリーディングに比べてリスニングの力が弱いことがわかります. それで対策としては,森沢洋介先生の「音読パッケージトレーニング中級レベル」をほぼ終わらせるようにしたいと思います.テキストはこれ↓ 先日の国際会議前の勉強も実はこの本の音読パッケージが主体ですでに半分くらいは終わらせてます.せっかく途中までやったので,残りをすべて終わらせるのが9月までのミッション.そして,試験1週間前くらいになったら,公式問題集のリスニングを始めてみたいと思います. 公式問題集を最初から取り組んだ方が効率がいいのかもしれませんが,コロコロ教材を変えるとやる気が削がれそうなので,とりあえず音読パッケージの本を終わらせて,達成感を味わうことにします.   TOEICの語彙は簡単? 次の私の対策は「語彙」です.TOEICで出てくる単語は英検1級などと比べるとかなり平易ですが,最近はビジネスに特化したような単語が出てきたり,すでに知ってる単語でもビジネスでは特殊な意味で使用されたりとか,そういう単語が頻出するようになってます. 私は以前,TOEIC Part 7の問題を時間無制限で解いてみて,どれくらい正答できるか調べてみました.すると,8割強は正答していることが判明し,しかも間違った問題は単語の意味がわからないことが原因だというのも判明しました.そこで分かったのは,TOEICの単語は意外と侮れない!今回は語彙を完璧なくらいに仕上げたいと思います. ここでちょっと疑問に思ったかもしれません.Part 7で8割強正答してるんだったら,リーディングセクションのスコアは単純計算でも450点くらいは取れるはず.ところが実際は380点です.なぜこんなに差が出たのか? 理由は簡単です.私の読むスピードが遅いため時間内に全部解けなかったことが原因です.ということは,読みのスピードを加速させるトレーニングを積めば簡単にスコアアップにつながると思うし,おそらく,それが一番近道かもしれません.でも,読みのスピードは9月以降の課題にしたいと思います.先ずは語彙. 語彙アップに使用する単語帳はこれ↓ 前半はかなり平易な単語ばかりですが,それでもTOEICで使用される時の意味が特殊だったりするので,読んでいてなかなか面白いです. セクションは大きく4つに分かれてるので,1セクションを1週間で仕上げていって,9月までに全部終わらせる予定です.難解な単語がほとんどないので,1週間に200〜300語くらいでも覚えられそうです.   今後の進捗に乞うご期待 この2冊を中心とした学習をとりあえず1ヶ月続けます.進捗状況は週に一度,ここのブログで報告していきますので,どの教材を勉強したら,どれくらい効果が出るのか参考にしていただければ幸いです. TOEIC700台は足踏みする人が最も多いらしく,ここから飛躍するのがなかなか難しいと聞きます.私もかれこれ7年くらいこのスコアに留まってます.この7年間ほとんど勉強してませんから,一度挫折したようなものですが・・・ だけど,最近になってまた息を吹き返してきたので,来年中に900点に到達するよう頑張りたいと思います.先ずは来月の試験で800超えを.  アラフォー三流研究者の日常とGEEKな世界