【週記】ランニングで腰痛!私が行った対策方法

シェアする

いきなりですが,今日までの7月のランニング状況をお知らせするとこんな感じです.なかなか調子がいいです.もう今日の段階で90kmに到達したので,このままいくと今月は走行距離180km(!) いや,でもそれは急に走りすぎですね.先月は71kmでしたから.

そんな走りすぎの弊害を感じさせるようなことが14日起きました.

久しぶりに天気が良かったので,ちょっと暑かったけど,10kmをキロ5分30秒のペースランで走破しようと始めましたが・・・

暑くてバテた!

仕方なく6.8kmで断念.で,それはいいんですが,走り終わって家に到着すると腰に鈍い痛みが.それも時間が経てば経つほど痛みがひどくなっていき,椅子から立ち上がるが辛いくらいに.サロンパスを貼りましたが,全然改善せず.

翌日は不本意ながら走るのをやめました.

腰痛の原因は?

脚を休ませるのではなく,腰を休ませるなどあまり聞いたことないですが,ネットで調べるとランニングで腰痛になるのはそんなに珍しくないようです.自分に当てはまりそうな原因は,おそらく

「反り腰」

だと思います.私は腹筋が弱いためか,胸を張ると背中がかなり湾曲するので,おそらく普通の人より腰への負担がかかりやすい体型なのかもしれません.

それに加え,先月までと比較しても走行距離が急激に増えているので,腰への疲労が積み重なっていたことも考えられます.筋トレのとき,腹筋や背筋も鍛えることが大事かもしれません.

私が行った対策

1日休みましたがそれでもあまり回復せず.だけど,このまま完全回復まで何もしないとこれまで走った努力が無駄になっちゃいそうなので,今日は腰の様子をみながらゆっくり目のジョグを7km.ペースはキロ6分半.

気をつけたのは,走ってるときに胸を張る一方で腹筋にも力を入れて(要はハラを凹ませて)なるべく背中の湾曲を緩めるように走る.試したところ,特に負担もかからずなかなかいい感じで走り終えました.

先日は暑い中ペースランをすると意気込んでいたので,ペースばかりに気が取られてフォームが崩れたことに気づかなかったのかもしれません.

だけど,こちらのページによると,腹筋を意識するのではなくお尻の筋肉を使うことが重要だとか↓

しばらくして治らなかったら,この方法も試してみたいと思います.

まずは体を作ること

欲張ってはダメですね.ゆっくり体を作っていかないと.焦るとどこかのタイミングで故障してしまいますし,故障するとしばらく走れなくなるので,そうなったら元の木阿弥.

インスタとか見てると,わずか1年のトレーニングでハーフを1時間50分切りしたり,フルをサブフォーで走破したという人を見かけます.そういう投稿を見てると無意識のうちに焦っていたのかもしれません.

「マラソンはあくまで自分との戦い.自分の体に合ったペースでトレーニングをした方がよい.」

最初はそう考えていたはずでしたが,いつの間にか初心を忘れていたような気がします.今後も週4回くらいは走りたいと思いますが,7月の残りは練習内容にこだわるより走行距離を増やすことを重視しようかなと思います(もう若くないしねw)




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク