下流の研究生活一覧

EMBC 2017の1-page paperの結果が遅れているらしいが

EMBC 2017の1page paperのacceptance notice がまだ届かない.随分待たされてます.本当に決まってないのだろうか?ひょっとして待たされてるのオレだけ?とか思っち...

記事を読む

情報処理「博士課程進学のメリット・デメリット」への批評:超エリートの体験は参考にならない人が多いのでは?

情報処理学会の今月号の特集の1つに 「博士課程進学のメリットデメリット」 があった.編集者の前書きには, 大学学部生,修士学生のみならず,現役博士課程学生や企業に勤めている人,博...

記事を読む

LEGOの超音波センサとモータをLabVIEWで動かしてみた

LabVIEW を使って,LEGOマインドストームのセンサとモータを動かしてみました。 LabVIEWのインストール後、LEGOを接続すると「バージョンが合ってません」というメッセが。うむ,...

記事を読む

【TEDとは違う】学会発表における理系英語プレゼンの方法

なんて偉そうなタイトルを書いてしまいましたが,私自身,英語のプレゼンのスキルは全然大したことありません.留学した人たちのような恐ろしくウマい英語プレゼンなどはかなり難しいです.そりゃそーです....

記事を読む

Pythonを使って,Irisデータをパーセプトロンで分類してみた

実はこれまでpythonは全く使用したことがないので,今回はAnacondaのインストールから始まって,パーセプトロンでIrisデータを分類するまでの様子を備忘録がわりに書いていきます.方法は,以下の...

記事を読む

社会人が博士号を取得する no.1 ー 先ずは方法ー

まず,お断りしておくのは,私は工学系出身で修士卒だったという点です. 文学,医学,理学など分野によって取得の方法がかなり異なりますし,学部卒や博士課程退学の場合だと異なると思います.また...

記事を読む

EMBC 2017 に poster paper を投稿した

今年の学会発表として目標に掲げていたIEEE EMBC 2017に先ほど投稿した。 Regular paperの4ページではなく,ポスター発表の1ページなので楽勝といえば楽勝.4ページだとIEE...

記事を読む

iPadでLEGO EV3プログラミングアプリを使ってみた

LEGOマインドストームで作成したロボットをiPadで制御出来る教育版レゴマインドストーム用のEV3アプリがあるということで、早速おヌー(New)のiPad mini 4にインストールして操作してみま...

記事を読む

情報系博士号の専攻分野の種類は?

自己紹介にも書いてますが,私は某工学系の専攻分野で博士を取得してます. 通常,博士号は後ろにカッコ書きで専攻分野を書くことになっています.歴史のある専攻分野としては,文学,医学,工学,理学ですが...

記事を読む

教授として採用されるための研究実績

もしどこかの大学の大学院で教授職に就こうとするんだったら,「Dマル合」の基準となる実績がないとダメだろう.内部昇進なら別かもしれないけど,外の人間をわざわざ採用するんだったら,当然そのくらいの...

記事を読む

「科研費の獲得金額 = 研究の価値」という価値観

申請者の心理 今もらっている科研費が来年度で終了するので,2017年は書かないといけません.昨年の様子を見てると、みなさん大型予算を当てることを目指しているようで・・・ 「今回は誰々を共同...

記事を読む

2017年に参加予定の学会

2016年もあとわずかになってきましたが、来年2017年の私の学会発表の計画を宣言したいと思います。 まず現状を考えると、今もらっている科研費が2017年度で終了するのもあって、来年は申請する年...

記事を読む

こんなことも分からん講演者がいるとはね(苦笑)

先日、学会に参加して特別講演を聞いてきました。講演者はあるベンチャー企業の社長で(厳密には社内ベンチャーのようなんですが)、そこである製品を作っているけど、なかなか市場がないとおっしゃってまし...

記事を読む

LEGO Mindstorms 基本セットのデモを動かしてみた

LEGO Mindstorms の基本セットを購入しました。購入元はアフレルという代理店で、こちらが販売しているBasis Setいうものです。とりあえず目標は、モータ制御機構が混ざったピタゴラスイッ...

記事を読む

タダより高いものはない?研究助成金に注意

昨年ある民間の財団から頂いた研究助成金の研究完了報告書を執筆してます. どこの財団も研究の詳しい内容までは解らないから,こういう報告書は内容が問題ではなく,事務的なエビデンスを残すということに意...

記事を読む

【最近の研究】非接触に血中酸素飽和度を計測

ちょっと面白そうな論文を見かけたので,備忘録代わりに概要だけ. Lingqin Kong, et al, "Non-contact detection of oxygen sat...

記事を読む

スポンサーリンク