心配ごとにとらわれて勉強に集中できないときの対処法

シェアする

今年に入って英検1級合格をめざして英単語の暗記などを始めてますが,ここ数日,仕事でなかなかうまくいかないことが多く,そのことが頭をよぎって集中力が散漫になって困ってます.

正直,テキストを開くのがつらい.開いても,なかなか集中できない.いっそしばらく勉強を辞めてしまおうかと思うこともしばしば.

だけど,ここで辞めてしまったら元の木阿弥.今までやってきて,せっかく習慣が定着すると言われている1ヶ月を過ぎようとしてるのに・・・・

雑念や心配はどうやったら消すことが出来るのか

座禅でもすると少しは効果があるかなと思ったけど,座禅だってトレーニングが必要なので,慣れないとなかなか効果が出ないらしい.

そこで,雑念を除去する方法をいろいろ調べてみたけど,

  • 心配時間を設定する
  • 運動する
  • 別のことで気を紛らわす

などが紹介されていたけど,どれもイマイチ.いろいろ自分でも考えてみたけど,やはり一番の方法は,

  • 心配事の元々の原因を取り除くこと.

ではないかなと思いました.

当たり前じゃねーか!と言われるかもしれませんが・・・

そもそも,なぜ心配事があるのか? その原因として考えられるのは,

「本当に万全を期してその心配事に対処したのか?」

という事に尽きるのではないかと思ったのです.成功失敗に関わらず,もし全力で仕事に当たり万策を尽くしたのであれば,それ以上何もできない.

だから,結果はどうなったって仕方ないですよね? 心配してもしなくても結果は変わらない.

であれば,あれこれ心配したって無駄です.そう考えると腹をくくって開き直れるのではないか?

逆にいうと,そういう心境にならないということは,まだまだやれることがあるのかもしれません.そのことを自分でも薄々気づいているからこそ,心配ごとが頭から離れないのかもしれません.

プライベートは普段の仕事の取り組み方次第

プライベートの休みでも,仕事が気になって気持ちが休まらない人が多いと思います.

それは,宿題を放置したまま夏休みを過ごす小学生のようなものです.つまり,どんなに楽しいことをしても,宿題が気になって心の底から楽しめない.同じ心境かもしれません.

やはり,休みの日に気持ちの上でも完全に解放されてリフレッシュするには,普段の仕事に対する取り組み方こそ見直すべきかもしれませんね.

私の早朝学習を邪魔した雑念や心配事も,仕事の取り組み方を変えることで対処してみたいと思います.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク