ホテルからの眺め No.3 天成大飯店(コスモス ホテル)

シェアする

台北で泊まったホテルは,台北駅とほぼ直結の天成大飯店。

MRT台北駅のM3出口から徒歩1分程度。屋根もあるので,雨が降っても濡れない。交通の便を考えれば,これ以上のロケーションはないと思う。さて,部屋はこんな感じ。

見た目は結構立派。だけど,いろいろ問題が。まず,部屋全体がホコリのようなカビのような臭いがして,その臭いに石鹸の匂いが混ざっているような感じだった。空調もガタガタうるさかったので,設備が古いのでしょう。

台北Naviの口コミでも同様の書き込みがあったんだけど,あーこのことかと思った。最初は6Fだったんだけど,結局16Fの部屋に変えてもらった。だけどニオイはなくならなかった。

ニオイはともかく,眺めはとてもよかった.

昼に学会へ出かけた後,部屋に戻ってみると,なにやらゆっくりと蠢くモノが床に。よくみるとゴキブリ(!)がひっくり返って手足をバタバタさせていた。いやー,それはないでしょ。ひっくり返ってもがいていたので,殺虫剤かなにかですでに弱りかけていた。気持ち悪いので,少しずつ蹴飛ばして廊下に追いやった。

台北駅が目の前.

朝食は点心が有名らしい。食べたてみたが,うーん普通かな。クセの強い八角の風味がどの料理にも効いているので,慣れないうちはこの風味が食欲を削ぐ(特に真夏は)。

おかゆは八角の香りはしなかったけど,とりわけ美味しいとも思えなかった。トッピングは甘いものが多くて口に合わない。ラーメンは,醤油と黒酢,唐辛子をかけて食べると最高にうまい。最初はよくわからず,何もかけないで食べたが,味が薄くて全然だめ。醤油をかけるのが台湾流のラーメンの食べ方なのか?

翌日からは,点心,ラーメン,チャーハンが私の定番メニューとなった。いろいろ悪いことばかり書いたけど,台北の街は一昔前の下町をみるようで結構愛着を感じた。

だけど,また台北に来ることがあったら,今度は別のホテルにしたい。食事はともかく,部屋の臭いに悩まされるのは嫌だからね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク