カレーも酒も刺激は控えめに & 論文の校正刷が届いた【ある三流研究者の日常】

シェアする

一昨日は久しぶりの昼休みラン.減量目的なので,ゆるゆるで5.7km.

だけど,ゆっくり走りすぎて遅刻寸前で職場に戻る💦

写メというヤツはどこまでも詐欺れるよなぁ(笑).何度か撮影してもっとも脚がきれいに見えるアングルで撮影.

ヤローの脚なんぞ誰も興味ないから,不恰好でもいいんだけどさ・・・

小学生の頃,ゴツゴツして不恰好だった脚を揶揄されたことがトラウマになっているのかもねぇ.

それで,昨日の昼はランニングを小休止してネパールカレーを.

最近食事を減らし気味の私にとって,かなりボリュームがあった.

手前はチキンと野菜のカレー,奥の方はマトンのカレー.辛さは5段階中4段階に.

野菜とチキンのカレー.なかなかスパイシーでいい.入ってる野菜は,人参,ジャガイモ,ブロッコリーといったところ.

日本人が普通に作るカレーと入ってるものはあまり変わらないかも?その意味では,野菜とチキンのカレーというのが,一番日本のカレーに近いのかもしれない.

それにしても,辛すぎた(笑).

辛いものは大好きなんだけど,最近胃もたれするようになった.胃も当然ながら老齢化してるからもっと労わらないとなー.胃ガンになってからじゃ遅いわ.

そして,夜は「奥の松」という福島の酒.純米吟醸.

大吟醸はものすごく高いから,飲むんだったら純米吟醸くらいがちょうどいい(それでも高いけどねw)

あらばしりという少し濁っている原酒.香りがとても強いけど,後口は辛めでスッキリしている.とても飲みやすい!こんな日本酒もあるんですね.

高い酒を飲むと,もったいないから酒量が少なくて済む.これも胃と肝臓をいたわってのこと.二日酔いにもならないし減量にもいい.一石三鳥

採録決定した論文の校正刷りが届いた.出版社のフォーマットで体裁が整うと,それなりに見栄えがよくなる.細かいミスをチェックして送り返した.

あとは出版されるのを待つだけ.やっぱ電子ジャーナルより冊子の方が手応えがあるけど,これも時代の流れ.

とか思っている1日でした.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク