月平均75kmのランで肝機能を一気に正常値へ戻す

シェアする

どうしてもランニング後の背中の痛みが抜けないので,病院に受診してきた.

整形外科的には何も異常なしとのこと.レントゲンによる骨も異常なし,血液検査の結果,炎症も起きていないらしい.泌尿器科でもCTをとられ腎臓も調べられたけど,それも異常なしとのこと.

うーん,何が原因でしょうね・・・

とにかく,異常なしということはひとまず安心.ランニングで痛くなったのは確かなので,しばらく走るのは中断し,痛みがなくなるまで大人しくします.禁止されるとやりたくなる天邪鬼の性格がムラムラと(笑)

たぶん,ここ数年で急激に体が硬くなってきたので,背中の筋肉が硬いままインタバルや長距離など負荷の高いランをしたのが原因かなと思います.硬いバネだと衝撃を吸収しないから.若い頃と違って,入念なストレッチと走り終わった後のマッサージがとても重要かなと思ってます.

それで,ふと血液検査の結果を見たら,意外な結果を発見!肝機能を示す,GOT, GPT, γ-GTPの数値がどれも正常値に戻っていた.

30代後半からGOTとGPTはずっと高めで推移していたんですが,案外あっけなく正常値に戻った.ちなみに,過去3年間と今回の数値はこんな感じで遷移.

  • GOT(正常値10〜40):614340→27
  • GPT(正常値5〜45):927461→39
  • γ-GTP(正常値79以下):58→37→43→40

昨年も一昨年もそれなりに走ったので,GOT,GPTも徐々に減少傾向にはあったみたいです.γ-GTPはずっと正常値なので,もう少し飲んでも肝機能的には大丈夫そうです(ん?)

有酸素運動が肝脂肪によいというのは知ってたけど,これほど簡単とはちょっと驚きです.ちなみに今年の私のランニングの走行距離などぜーんぜん大したことないです↓

今年に入ってからの数値で見ると,月平均75km!超初心者レベルの走行距離.こんなんでも,半年続けると一気に正常値に戻るらしい.いや,ひょっとすると,1ヶ月くらいですでに効果が出てたのかもしれませんが.

ちなみに,私はビール大好き,ウィスキー大好き,日本酒大好き.今年に入って,週に1,2日くらい休肝日を作ったけど,今までとほとんど変わらず.体重もほとんど変化なしです.

肝脂肪がなくなってきたようなので,順番としては,次はわき腹あたりの無駄な体脂肪が減ってくるに違いない.なんかすごくやる気が出てきた♪




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク