早朝に仕事をするのはやめた方がいい

シェアする

朝活という言葉が一般的になって,朝早く出社して仕事をするという人が増えてきてるみたいですね.スティーブ・ジョブズなど,ビジネスで成功した多くの人が朝活をしているというので,我々のような一般市民もそれに倣おうということかな?ビジネス関係の自己啓発書ではよくある話の流れです.

かくいう私も実は夜より朝の方が好きなタイプ.子供の頃から朝のラジオ体操が大好き・・・・ではなかったですが(笑),朝早く起きるのはそんなに苦痛ではなかったです.

だけど,最近ちょっと思ってきたのは,朝活もやり方によってはストレスを溜めるという事実です.このことに気づいてから,私はいままでゆっくりと過ごしていた夜の時間をむしろ積極的に使うようになりました.

朝仕事をすると能率が上がるけど・・・

朝は夜より3倍仕事が早く進むと言われてます.確かにこれはその通りだと思います.だから,早朝からトップギヤで取り組めば,実は1日の仕事のほとんどは10時くらいには終わっちゃうくらいだと思います.そのことを

「明朝できる仕事は今日やらない」

などと物の本で書いてあったことを記憶してます.能率の悪い夜にダラダラ残業するより,翌早朝から始めて一気に終わらせる方がよいと言います.確かに私もそう思ってきました.

早朝に仕事することの代償

だけど,最近はちょっと気持ちが変わってきました.

仕事が残っている状態で眠りにつくのが自分には向いてないらしく,その夜の眠りが浅くなるのです.5:00に目覚ましをセットしますが,必ずと言っていいほど3:00と4:00に目が覚めてしまいます.そして,5:00直前に起きて目覚ましが鳴る前に止めてしまう.そんな状況だったのです.

なんでこんな事になってしまうのか? 残った仕事が気になって熟睡できていないのが原因です.いくら早朝から仕事する方が能率良くても,寝不足となるのでは意味がありません.

早朝に向いていること

だけど,昔から朝早いのが得意な私にとって,朝の時間はやはり捨て難いものがあります.では,どうするのか?と考えたところ,やはり早朝は「好きなこと」をやるのが一番だと思ってます.

私の場合,ランニングやブログのメンテ,読書,英語の勉強かな.研究に関するプログラミングや勉強もOK(半分仕事だけどw)

これだと前日ぐっすり眠れるし,明るい気持ちで朝起きられる.5:00に起きても実質1時間半くらいしか時間がないけど,ちょうどいい気分転換にもなる.

月で合算すると45時間もあるので,半年続けると270時間にもなる(ちなみに,TOEIC750から850に到達するのに必要な学習時間は275時間).

そう考えると,せっかくの朝の時間に早朝残業なんてもったいない!自分の朝活を見直し,できるだけ仕事は夜のうちに終わらせるようにして楽しく生きようっと♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク