年度末の残予算消化は無駄使いの温床【ある三流研究者の日常】

シェアする

年度末になって残予算が少しあるので,何に使おうかと考えている.

5万円程度なので悩むほどの金額じゃないけどね。

だけど,こういう残予算って年度内に消化しないといけない。むかーしから思っているんだけど,無駄使いに繋がるよな・・・・次年度のためにとっておいた方がよっぽどいいと思うんだけど。

中には数十万も残が出てる人もいるから,ちゃんと研究やってるのか疑問に思うけど・・・

ところで,日本政府の借金ってバカみたいに巨額だけど、各省庁の年度末の残予算をかき集めたら,結構な額になると思う。借金返済に少しくらいは回せないものかね。焼け石かもしれんがw

財務省主導の「残を出したら次年度予算でその分削減される」というしくみがある以上,いつまでたっても無駄使いはなくならない.

こんなんで,日本の将来は大丈夫なんでしょうか・・・

などと思いながら,この5万円を何に使おうか考えてます.

昨年,レーザープリンタ用にリサイクルトナーを購入したけど,インク漏れが起きて印刷したら縦縞が入ってしまう。我慢して使ってきたけど、残予算で正規トナーを購入して入れ替えようか…

年度当初は節約と思って買ったリサイクルトナーだけど、結局、正規品を買うことに。

安物買いの銭失い…

ん?

そんな私もある意味無駄使いをしてるかも?

と言っても,そんな事態を想定できたわけじゃないから仕方ない.

みなさん,リサイクルトナーは全くお勧めしません.やめましょう.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク