【浅草】見た目がグロいどぜう鍋を試す

シェアする

駒形どぜうと言えば,有名な老舗どじょう料理の店.今回お邪魔したのは,浅草本店です.1Fはこんな風にとても風情のあるお座敷.お一人様でも全然OKでした.

そんなわけで,私は壁際の席に案内されました.お座敷なので当然あぐらをかきます.私は壁際だったので楽でしたが,あぐらで長時間は辛いですね.腰の悪い人はお座敷はやめた方がいいかもしれません.料理だけでなく雰囲気も味わいたい人にはオススメです.

さてさて,なべ定食と柳川定食のどちらにしようか迷いましたが,やっぱ最初なので定番のなべ定食に.それと今日は暑かったのでビールも(←昼間っからw)

出たー!これがどぜう鍋!一面にどじょうが敷き詰められています.写真でしか見たことなかったですが,実物を見てちょっぴり感動.だけど見た目はグロいですね(笑).これがどんな味なのか.

刻みネギと薬味も置いてありました.ネギをたっぷり乗せて,ネギが煮えてしなっとなったら食べごろとのことです.

で,ネギをてんこ盛りにしました.ちょっと乗せすぎたかな?鍋というより底の浅い焙烙鍋に近い感じ.しかも火力が強いので,すぐ焦げちゃいそうで急かされてるような気分(笑)

で,しばらく煮込むのかなと思っていたけど,案外早くネギがしなしなになってきました.もう食べごろ.結構忙しいですね(笑)早速一口・・・

あ!

イイ味です.ぜんぜん臭みがない.小骨もありますが,気にならないほど柔らかく煮こんでます.なるほど,これがどぜう鍋か.酒が進みます♪

田楽もランチの定食の中に含まれてましたが,これはなくてもいいかな?どぜう鍋だけでも十分楽しめます.

煮詰まってきたら汁を追加でかけます.ちゃんとテーブルに置いてますね.

そして,シメのごはんとどぜう汁を.ごはんはおひつで運ばれてきました.鍋も美味しかったですけど,どぜう汁の方が衝撃は大きかったです.

とっても濃厚でドロっとしてます.ごぼうの風味と味噌の甘さがどしょうと相性バッチリ.これは驚きの味.

ランチの定食だったので,以上の内容で3000円(ビールを除く).安くはないけど,東京でしか食べることのできない老舗のどじょう料理.そう考えると妥当なところでしょうか.

ランチで3000円も使っちゃったので,その日の夜はおとなしくスーパーの惣菜で済ませました(笑)

スポンサーリンク