学会発表でソウル渡航 & 仁王山と南山をトレッキング【週記:2018/3/19 – 3/25】

シェアする

先週は学会発表とその準備に特化した1週間でした.

幸いなこと(?)に,初日はオープニングセレモニーや別料金のワークショップだけなので不参加.ワークショップは私の専門と関係ない内容だったし,あえて別料金を払うほどのことはないなーと思ったので.

こういうのはよくあることです(いつも?笑).

それで,この日はホテルから南山のNソウルタワーを経由しソウル駅までをジョギング&トレッキング.南山はソウル駅のそばにある標高262mの小さな山.

ホテルから片道10kmほどなので,まぁ大したことないです.ケーブルカーもありますが,一応ランナーを自称してますから,そんな軟弱なものには乗りませぬ(笑).

ところで,標高500m級以下の山をトレイルランで制覇するのが私の小目標の1つですが,今年に入って岐阜の金華山,ソウルの南山と仁王山の3つを制覇しました.成果は上々.この調子で登っていきます.

この時のトレッキングの様子は長くなっちゃうので,また別の記事で・・・

翌日からは普通のシンポジウムやオーラルプレゼン,ポスタープレゼンになります.この学会はある分野にテーマが限定された小さめの学会だったので,名前は伏せておきます.

スポンサー企業がデモブースをたくさん開いてましたが,ロビーに設置していたのは正解だったと思います.部屋の中だと誰も見に来なくなっちゃうからね.

オーラルのプレゼン会場はここ.これは結構緊張します.日本語の発表でも緊張すると思う(笑).

だけど実際に講演が始まったら見た目ほどお堅い雰囲気じゃなく,意外と気楽に発表できそうでした.

それに発表者の研究内容を聞いた感じでは,ここの学会は私の研究を発表する場としてテーマ的に一番しっくりくるかもしれません.2年に1回の開催なので次回は2020年ですけどね.その時までに英検1級を合格していれば十分オーラルの発表も出来ることでしょう(相変わらずの皮算用w)

オーラルで発表していた研究はなかなか面白いものが多く,かなり勉強になりました.私自身も追試してみたい研究があったので,使用していたセンサとかをちょっと調べてみようかな.

ソウルでは学会以外にも,たくさんグルメを楽しみ,もう一つの「仁王山」もトレッキング(というより,半ば登山)して,なかなか充実した滞在でした.

だけどPM2.5の濃度が高く,せっかく山頂まで登っても街全体にモヤがかかっていたのが残念.マスクをしてる人も多かった.こんなに空気の悪い中,街の中をジョギングするようなキチガイは私くらいしかいませんでした.すれ違う人からは奇異な目で見られましたが,アラフィフにもなれば開き直っちゃうわけで(苦笑).

TOEICの勉強やランニングを全くしない1週間でしたが,学会では英語で発表をしたり,英語での発表を聞いたし,トレッキングやジョギングもしたので,先週はこれでよしとします.

今週は3月の最終週.ちょっと4月以降の準備も兼ねて,いろいろ今後の計画の見直しをしてみたいと思います.




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク