【街道を走る・ソウル (1)】PM2.5注意報の中,ソウル駅から仁王山の登山道へ

シェアする

先日のソウル渡航の際に,市内の仁王山をトレッキングしてきました.

ルートはこんな感じ.このマップでは少しわかりにくいですが,ソウル駅から地下鉄3号線独立門駅付近までジョギングし,そこから登山道を目指しました(図ではちょうど3.42KM辺り)

総距離は12kmくらい?ジョギングとしては大した距離ではありませんが,トレッキングも含めてなので結構疲れました.

出発はソウル駅の3番出口から.ここまでは地下鉄で来ました.ジョギングウェアで地下鉄に乗るのが少しだけ勇気が入りましたが,心配するほどではなかったですね.

ここから地下鉄3号線の独立門駅までジョギングです.

途中,参鶏湯で有名な店が入っているビルを発見.よし!帰りはここで昼飯をたべよう.そのときの食事の様子はこちら↓

次第に高層ビルが少なくなってきました.でも車の数は多いですねー.

そういえば,この日はニュースでPM2.5の注意報が出てました.こんな日に注意報が出るなんて運が悪い・・・でも,普通にジョギングしました.ちょっと喉の調子が変だったですけど.

独立門が見えました.この向こう側に刑務所歴史館があるらしいですが,旧日本軍が建てたものらしいです.

韓国と関わりを持ちたいと思えば,いずれこういう歴史に目を向けないといけないと思います.だけど今の私は韓国そのものの文化や歴史をまだよく知らないので,いきなり旧日本軍の残した負の遺産と反日感情を経験するのは,ちょっと重すぎます.

私は工学系とはいえ研究者の端くれですから,反日,嫌韓など感情的にならず,客観的な真実のみを受け入れたいと思ってますが,勉強不足でまだそういうことをここで語る資格はありません.

とまぁ,気を取り直して仁王山のトレッキングの続きです.地図を見るとここから右折して山側に向かっていくと,登山道までたどり着けます.

山側は団地になっていて,この中を進んでいくことになりますが・・・

げ!

この階段を上っていくの????

写真で見ると大したことないように思えますが,結構急な階段です.しかもずーーっと上の方まで続いています.マジか!この段階でかなりの山登り(笑)

途中まで登った時の様子.IPARKというのでしょうか?どこかの社宅なのかな?

かなり心が折れそうになりながら(←もう?)上っていくと,登山道に向かうらしき階段を発見.地図もロクに確認せずに上っていくと

トイレがありました.ってことは,たぶんこの辺りはトレッキングのスタート地点かな?

遠くに山が見えます.おそらくあれがお目当の仁王山でしょうね.

ゴツゴツした黄色の岩肌に松の木が生い茂っています.山水画で見かけるような韓国らしい山並みで,日本では目にしない風景です.山頂に寺院(?)のようなものも見かけました.

仁王山は地元の人にも人気のトレッキングコースのようで,おばさんおじさんたちのグループを見かけました.おそらく行き先は同じ.後をついていくことにします.

少し歩くと城壁が見えてきて登山道に到着です.入り口付近では警察がいましたが,仁王山は手続きなしで入山できます.

もちろん,行き先は仁王山(Inwangsan)の頂上

この辺りはトレッキングルートが網の目のようになっているようです.変な方向に向かうと,帰ってこれなくなるかも(笑)

長くなってきたので続きは次回の投稿で・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク