【Visual Studio 2013 ライセンス認証】プロキシに拒否られた場合の対処方法

シェアする

普段,Macしか使わない私ですが,開発環境の問題からWindowsを(泣く泣くw)使う場面もあります.で,研究に必要なあるデバイス用のSDKチュートリアルがVisual Studio 2013がベースだったので,最新の2017ではなく2013に合わせることにしました.

それで,私の職場(今時,どこの職場もどうだと思いますが・・・)はプロキシサーバ経由で外部のインターネットに接続するようになっており,さらにこのプロキシはユーザ認証を必要としてます.

それで,Visual Studio 2013 Enterpriseをインストールして,ライセンス認証しようとすると,「407 Proxy Authentication Required」と表示されて外部に接続出来ない.

普通はプロキシサーバからユーザ名とパスワードを促す認証ダイアログが出て来そうなところですが,それが出ずに拒否られてしまいました.もちろん,コントロールパネルではプロキシの設定はちゃんとしてます.netshでも設定済み.まったくもう・・・・

で,その対策ですが,こちらのページが参考になりました↓

ふむ,VSのコンフィグレーションをいじれば良さそうですね.それで,こちらのページのとおり,

C:¥Program Files¥Microsoft Visual Studio 12.0¥Common7¥IDE¥devenv.exe.config

を修正しようとしたが,それらしきファイルがない.

だけどここにある.exe.configのファイルは1つだけなので,vsdiag_regwcf.exe.configをワードパッドで管理者権限で開く.一応,失敗したら嫌なので,コピペして拡張子.bakでバックアップも作っておいた.

中をみるとこんな感じ.xmlファイルですね.これもよくわからないけど,タグ<configuration>と</configuration>の間に青でマークしてある内容を記入して保存.

これで実行すると,ライセンスキーを入力する画面が出て来て,無事認証完了.ふぅ・・・めんどくさ.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク