研究一覧

論文数を稼ぐためにクソジャーナルを利用すべきか?

昨年まで科研費でやってきた研究が,どうも思っていたよりいい結果が出ずに終わりました. 全然論文に書けないわけじゃないけど,主要どころのジャーナルだとおそらくリジェクトされてしまうような結...

記事を読む

【週記】初めての平均4分52秒/kmラン × 論文の再投稿 × 英作文トレ

外で走るときはやっぱモチベーションがMAXになるので,少々辛くても頑張れますね.過去最短時間の平均4分52秒/kmで5kmを走破しました(まだ少し余裕があった).一応,続けてきたことがそれなりに効果が...

記事を読む

論文博士は課程博士より劣る?その原因を探る

こういう記事を見かけたので,ざっと読んでみました.客観的なデータに基づいた結果なので,信ぴょう性はあると思います. 「課程博士の発明生産性は論文博士より38%程度高い」という結果...

記事を読む

Full Paperを投稿完了!今年の1編目

社外の共著者の方のご協力を得て,何とかFull Paperを投稿しました.今回はあまり欲張らず,まぁまぁのレベルの学術ジャーナルにしました. あ,研究者じゃない方のために少しだけ説明しま...

記事を読む

科研費が不採択で見えた「同塵」の重要さ

科研費がダメだった今年は,どういうわけか研究以外の仕事が例年よりたくさん入って来る.その中には地元市役所や小中高校からの依頼もある.主に講演や市民講座,理科教室のようなものだ.こういう仕事は研...

記事を読む

新年度からの研究をどう進めるか考えた

科研費が不採択だったという連絡が正式に届きましたが,審査結果は4月下旬にならないと見れないらしいので,次の申請をどうするのかはそれ次第ですね. 不採択B or Cだったら分野を変えて基盤...

記事を読む

科研費の結果【2018年度版】

最初に結果を言いましょう. 不採択 でした.今回はかなり自信があったんですけどね.少しだけ大型資金を狙ったので以前より難しかったのはあると思うけど,不採択は不採択....

記事を読む

ドキドキして若々しく生きようか?

3月というのは年度締めでもあるので、研究費で何も買えないというのがちょっと辛い時期。 そういう時に限って、プリンタのトナーがなくなるし、必要な本が買えないし。トナーや消耗品くらいはあらか...

記事を読む

【統計のための行列代数・私的ノート】線形独立と線形従属 No.2:補助定理3.2.2.を噛み砕く

「統計のための行列代数(上)」を勉強してますが,前回に続いて第3章の線形従属と線形独立の話.次は,補助定理3.2.2を考えてみます. MathJax.Hub.Config({ te...

記事を読む

【統計のための行列代数・私的ノート】線形独立と線形従属 No.1:補助定理3.2.1.を噛み砕く

「統計のための行列代数(上)」を勉強してますが,細かいところを適当に済ませていると後々ボディーブローのように効いてきてノックダウンしそうです.それで,第3章から備忘録程度のノートを残していきた...

記事を読む

【科研費】戦いが終わり・・・回想録

戦いが終わり・・・ ほぼ科研費の計画調書を書き終えました.今年は様式が大きく変わったので書きづらくて苦労しました. 前半の「研究目的と方法」で3ページというのが結構きつかったかも.3ページ...

記事を読む

【論文調査】非接触に血中酸素飽和度を計測する

ちょっと面白そうな論文を見かけたので,備忘録代わりに概要だけ. Lingqin Kong, et al, "Non-contact detection of oxygen sat...

記事を読む

フルペーパーが完成 & 高い独創性

これまで,どうも私の中でスッキリしなくて右往左往してきた内容のフルペーパーでしたが,やっと完成にたどり着きました. まだ気になる点や,自分が査読者だったらツッコミたい点がたくさんあるんだ...

記事を読む

ResearchGateとは何か?

数年前,よくわからないまま登録したResearchGateというサービス.たまに論文検索をしてるといいものが見つかることもあるんだけど,基本的にほとんど放置状態だ. で,このサービス,結...

記事を読む

研究も結局は人付き合いが大事

最近,某大企業の下請けをしている会社から共同研究の話があった.ぶっちゃけ飲み会の席なので,どこまで具体化するかわからないけど,もし実現したら先ずは試験的に分析をしてみたい. ここの会社は...

記事を読む

【TEDとは違う】学会発表における理系英語プレゼンの方法

なんて偉そうなタイトルを書いてしまいましたが,私自身,英語のプレゼンのスキルは全然大したことありません.留学した人たちのような恐ろしくウマい英語プレゼンなどはかなり難しいです.そりゃそーです....

記事を読む

教授として採用されるための研究実績

もしどこかの大学の大学院で教授職に就こうとするんだったら,「Dマル合」の基準となる実績がないとダメだろう.内部昇進なら別かもしれないけど,外の人間をわざわざ採用するんだったら,当然そのくらいの...

記事を読む

2017年は飛躍の年…にしたい

新年あけましておめでとうございます。2017年の始まりです。 ということで、朝から走ってきました。雪道は走りづらくて、そんなにゆっくり走ったつもりじゃなかったけど、キロ8分以上かかりました(笑)...

記事を読む

スポンサーリンク