【岐阜】鮎うるかと銘酒・奥飛騨の相性

シェアする

さて,1月に岐阜に出張した時に行ったお店の紹介になります.ここは超オススメですね!地物を楽しめて値段もリーズナブル.

お店は,居酒屋「蛍(けい)」です.名鉄岐阜駅の正面にあります.お一人様居酒屋はもう慣れっこです(笑).

お店は地下です.雑居ビルの階段を降りていきます.

カウンター席にご案内♪ 他は数名のお客さんが多く,ほとんどはボックス席でした.ま,私は気楽に飲んで食べます.まずはビールをぐびっと.

まず最初は「朴葉みそ」を注文.これはなかなかいいぞ!酒が進む進む〜.

あっという間にビールが空になっちゃったので,地酒三種飲み比べ.「奥飛騨辛口純米」,「初緑純米山廃」,「初緑純米吟醸生原酒」の三種.おぉっと,3つとも個性があって全然違いますね.個人的には,奥飛騨がクリアでそんなに甘くないので好きかな.

そして「明宝ハム」.これはビールが合う!!最初に頼めばよかった(笑).

最後は鮎の唐揚げとうるかのセット.これは今回の本命.岐阜といえば長良川,長良川といえば鵜飼だからねー.行ったのは1月だから漁はシーズンオフだったけど.

やっぱり,鮎はとてもうまい.清流の川魚らしい淡白で繊細な味です.

そしてそして,一番の楽しみは「うるか」.鮎の内臓です.

これは凄い!魚の内臓らしく苦味はあるんですが,それだけでなく強い渋みがある.舌がザラザラ.これはクセになりそう.そしてウマー!日本酒にバッチリ合いますね.

私のように地方に住んでいる人にとって,岐阜は名古屋に隠れちゃってあまり目立たない印象があるんですが,どうしてどうして.地元グルメ満載でした.たった1泊2日の滞在だったけど濃かった.

まだ鵜飼も見てないし,鮎の塩焼きも食べてないから,やり残したことが多い.機会があればまた再訪したいです.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク